矜持

4月25日(月)
京丹後市長選挙で三崎政直さんが市長に当選された。祝勝会の会場から12時半に出て、帰路についた。帰宅して暫く興奮して眠ることができず、結局2時間ほどうとうとしただけだった。

それでも子供見守りだけは行こうと集合場所に。竣工式間近のサクラティエの前まで送ると、市道青野豊里線の整備工事の沿線のA男さんが「ちょっと現場を見てくれ」と軽自動車に乗せられ、自宅前の現場まで案内された。
f0111128_10320921.jpg
市道が整備され拡幅されるのは良いが、自宅と道路高が合わない。このままでは宅内排水ができないのでは?とのことで現場を見る。工事の途中でもあり、納得してもらわねば先へ進めない。説明をして善処してもらうよう市役所の担当職員に連絡する。

本当に素晴らしい道路ができつつあり、新しい「グラン・ブルー」という住宅団地もでき。素晴らしい環境となってきた。道路を一つ作るということは、用地買収など大変だが、一旦整備されると土地の価値は上がるし、景観も良くなる。完成が待ち遠しい。

午前9時 議会へ
午前9時30分 産業厚生環境と総務教育建設の両委員会の第2回合同審査会が開催された。サポステ事業に関して関連する綾部市の2事業に関して事業内容や事業の趣旨・成果について再調査する。市の支出は適当だったのか、事業実績について詳細にヒアリングし、今後の対応について協議。

午前11時 議員もほぼ全員おられることから、先の熊本地震において綾部市消防本部から派遣された消防第2次第3次派遣隊の皆さんから報告をお聞きした。あのような大きな災害時には、公助は機能しておらず、自助・共助の役割の重要性が認識されたとの結論だった。

私から、派遣隊員に慰労と今後の経験を市民にもっと広く啓発してほしいと要請し報告会を終了。
午前11時50分 代表者会を開催。議会や議員の公務の際欠席できる要件、欠席届の詳細について取り決めをしたいと提案。素案を示し早急に会派内で検討し成案にして欲しいと要請する。

午後0時30分 教育委員会事務局から協議の申し入れ。私なりの考えを提案。

午後1時 土木課の担当職員に朝の事情を説明すると、現地で、当事者と話して改善することで了解いただいたと。何はともあれよかった。

午後2時 前夜2時間しかし睡眠しておらず、膝の痛みも増してきたので少し横になる。
午後から夕方まで自室で雑務。




[PR]

by ando-ayabe | 2016-04-25 23:59 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25160514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 公民館活動もスタート 京丹後市長選挙 >>