あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

綾部ボランティアセンター116団体2595人

4月20日(木)
午前5時起床。朝食を済ませる。
午前7時30分 子ども見守り隊の集合場所で「おっちゃん眠たいな~」と子どもがあくびしながら話すので「おっちゃんは前の夜に10時に寝たから5時に目が覚めた」と話した。たぶん子どもはもっと早く寝ているけれど眠たいのだろう。若い証拠だ。
こちら、歳をとったから早く目が覚めるのに違いない。

午前8時過ぎ 議会へ。
午前8時30分 吉田好弘消防司令補を隊長として綾部市消防本部の5人が16日午前9時、熊本市へ緊急消防援助隊京都隊として出発。現地で救助活動を行い、4月18日に派遣された2次派遣隊(大野直樹隊長)と交代し4月19日午後7時に帰綾した。第1隊として市長や議会に現地の状況の報告会が開催され出席した。熊本市内中央区の倒壊家屋の安否調査を行ったこと。地域の自主防災会の方々の協力で不案内な地域を回っていけた。2日目には益城町に近い熊本市東部の調査を行ったが倒壊の状況がひどい状況であったこと。の報告がなされた。
昼夜通しての現地への派遣活動。大変ご苦労様でした。
f0111128_00002163.jpg
午前9時 議会改革の一環として議会を欠席する場合の内規を作りたいと福知山市さんから資料を頂戴した。綾部市なりの内規を作らねばと思う。

午前10時に帰宅し、自宅で自治会の組回覧文書を作成したり組内の自治会員名簿を作成したりする。今年は21組の組長になった。

昼食後 再び市役所へ
午後1時30分 綾部ボランティアセンターの平成28年度総会が開催され出席。116団体2,595人のボランティア団体の代表者が集う。
f0111128_00010693.jpg
様々なボランティア活動は綾部の誇りだ。共助の精神で活動されている。地域サロン活動から子育て支援、障害者支援、文化活動などなど。ボランティア総合センターを中心に活動されている。資金面での課題も抱えつつ、それでも、みんなで持ち寄って、困っている人々を助け合い、共生社会実現の取り組み。行政もできる限りの支援は行うが「貧者の一灯」が大切なのだと思う。民間団体の資金提供活動の紹介もなされたのだろう。

 ボランティアは、みんなで出来ることを無理なくしていく。お金で解決するのではなく「人・モノ・金」が一体としてバランスの取れた活動が必要なのだとおもう。無理は絶対にダメ。みんなが合意できることをできるところまで取り組む。市内の多くの地域で、高齢者・障碍者のカフェが出来上がっている。共助のとても良い例だと思う。

午後2時半 全国市議会議長会事務総長へ電話。前日の岡下会長の面会御礼と、熊本地震義援金受付について、議長会としての対応を聴く。綾部市議会としては議員親交会から一定額を寄付する予定だが、何処に寄付するかについて調整を続けている。全国市議会議長会も早く方針決定をして欲しいものだ。遅いのは意味がない。こちらも官僚答弁でにべもなかった。ハハッ~かよ。





[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25147018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-04-20 22:42 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)