あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

農政新時代=農業・農村の変革待ったなし

2月25日(木)
今日は議会用務はないので、三婆会の八重乃ちゃんの全快祝いも兼ねて約束していた皆さんと昼食会。上質なたんぱく質と脂質を頂戴した。

2月26日(金)
午前9時30分 本会議前の議会運営委員会(委員長:波多野文義)が開催された。人事案件2件と、法改正に伴う条例の一部改正について追加提案があり市長から説明があった。その後、2月29日に開催される本会議日程について協議。午前10時過ぎ会議は終了。
f0111128_12502684.jpg
本会議招集日の全員協議会、本会議の議長進行シナリオのチェックを事務局と行い、お昼前に帰宅。
f0111128_12501550.jpg
創政会の部屋では、既にヒアリングが始まっていたり、質問通告書を作成している議員さんたち。いよいよ一年で最も重要な3月議会へ向けて、着々と進んでいる。

午後、公民館だよりminiの原稿を完成させ公民館へ。同級生の自治会事務所主事の要ちゃんが誕生日だとか。2・26事件の記念日。同級生でお祝いをすることに。

午後6時市内の居酒屋で、一献。

2月27日(土)
朝から花粉症なのか、それとも風が入り込んだのか熱っぽい。左の前歯もばい菌が入り込んだか痛い。

辛抱して朝昼食兼用を10時頃に。
午後1時30分 ITビルに。
「第14回 明日の農には夢がある」「第46回農林業振興祭農林業功労者表彰」式に出席。厳しい地域農林業の環境の中にあって、特色のある農林業を推進している団体・個人や京都府などの表彰を受賞された方々12団体・個人を綾部市興農会議として表彰。
f0111128_12504834.jpg
その後、来賓祝辞に入り、議会を代表して、受章者への祝辞の後、議会も農林業従事者の皆さんの声を聴いて、しっかりと議会で政策提案し、綾部市政に反映させている旨挨拶。議会で良く出される農林業の課題は、有害鳥獣対策、林業の問題。間伐促進と環境問題。林業施設の充実、綾部の特色のある農業の推進について。等々毎回の議会で各議員から課題として提案されている。
f0111128_10443139.jpg
地域の議員に日ごろの課題や悩みを是非とも相談してほしいと挨拶。
その後、農林省近畿農政局京都支局長の藤田栄二さんから「農政新時代~農林業分野におけるTPP対策~」と題して、TPPの概要から農林業分野における内容を詳細に説明。そして国のこれからの対策について具体的な説明があった。

とても分かりやすい内容で、従来からのコメ一辺倒の農業では、農地の維持すら心配になるが、やはり中山間地としては、農業生産法人を設立して、大規模な特産農作物を作っていかないと生き残っていけないと思ったが、これとてすべての農業者に対応できるものでもなく、離農して農地を法人に譲渡する人、農地を提供して事業に参画する人など、経営体をどう構築するか。これも課題になりそうだ。

いずれにしてもしばらくは米農業は価格は安くなっても、どうにか営農できるが、現状でも価格は赤字なので、いつまでも続くわけでもない。どこかが、何かのアクションを講じていかねば、綾部の地域農業はすたれてしまう。

30年前に、綾部市農政課企画係長時代。各集落に入り込んで、目を干して、「村の農業を変えよう」と農業構造改善事業や集落営農・村おこし事業を提案して回った当時を思い起こす。

あの当時取り組んで村の在り方や農業・農地のあり方を変えた地域ですら、担い手不足や農地集積がなかなか進まない。ましてや、そんな事業に取り組めなかった集落(農家の合意形成ができない集落)は大変厳しいことになるだろう。

午後4時前 「明日の農には夢がある」と題した講演会は終了。
急いで京綾部ホテルへ。
1週間前に開催した松本さんと木下さんの除区員をお祝いする会の精算会へ。収支トントンで終わることができた。

午後5時 自宅へ。歯が痛んだので、使用期限の越えた新根治水を付けて、痛みを抑えた。もう酒で麻痺させるしかない。

午後7時 姪が先ごろ生まれた子どもを連れて来訪。
f0111128_14034851.jpg





[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24998888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-02-27 23:46 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)