松本哲郎さんと木下芳信さん叙勲を祝う会盛会

2月20日(土)
12月18日の第1回発起人会の会議から数えて2カ月。京綾部ホテルで、「松本哲郎さん・木下芳信さんの叙勲をお祝いする会」が開催された。

 発起人代表を四方八洲男前市長に就任いただき、開催日を決めて、直ぐに案内状の作成や名簿の整理をして案内状発送は12月27日。1月末に締め切って、出席者の確認をして配席。当日の司会進行のFMあやべの真下さんとの打ち合わせ。配席は3回にわたって修正をかけ、お名前の誤りが無いよう注意し、ようやく前日最終確認を終了。

午前9時 当日の受付表やリボンなど持参し、京綾部ホテルへ。
午前9時30分 発起人の5人と共に、受付をお願いした佐々木隆志君や渡辺茂樹君、西村すみえさんや武美道子さんなどにお集まりいただいて、
午前10時 受付開始。もう三々五々、お集まりいただく。

当日は、西田参議院議員が、9時30分から10時45分まで林業センターで「北陸新幹線舞鶴ルートに関する学習会」を開催しておりそちらも気になる。相根さんや種清君、松本さん、片岡君にも出席をお願いしていたので綾部の面目は施せるが。(後刻、相根議員から林業センターに40人近くの北部の議員が出席いただいたとの報)

午前10時30分 受付は最盛期になり長蛇の列。受付の方々が手際よくこなしてくれて、定刻に開会。何人か来ない人もおり鹿子木発起人から連絡いただく。2・3人遅刻されたが、190人出席いただき会場は満席。
f0111128_11215846.jpg
四方八洲男発起人代表のあいさつの後、西田昌司自民党府連会長、二之湯智参議院議員、山田啓二知事の代理で中村敬二振興局長、山崎市長とあいさつが続き、ご親族からの花束贈呈や西村・塩尻両発起人からの記念品贈呈、松本さん木下さんからの謝辞など順調に進行。12時に式典を閉会。
f0111128_11222899.jpg
席を改め、12時15分祝宴が始まる。陳曼麗さんの二胡演奏、四方源太郎府議の乾杯発声で宴が始まる。
f0111128_12012504.jpg
午後2時30分 発起人の私が閉会の挨拶を述べ、鹿子木さんの万歳三唱で会はお開きとなった。順調に予定通り進行しトラブルもなく、料理も良く皆さんご満足いただいたことと思う。
f0111128_11213877.jpg
ご来場いただいた方をお見送りして、発起人と司会の真下さん、受章者様ご夫婦と記念写真撮影
f0111128_09054996.jpg
午後3時 凄い雨が降ってきた。家内に迎えに来てもらって一旦帰宅。

午後4時 亀甲家へ。京都府庁あやべ会(会長:山崎清吾府立医大事務長)と綾部市職員との懇親会が開催され、ご案内いただいたので出席。1時間、市長から綾部市のまちづくりについて講演。府庁で、ふるさと出身の会は「あやべ会」だけらしい。故郷を思いつつ、府政推進することは良いことだ。今年は、綾部で開催されたようで、中丹広域振興局の綾部市出身の会と綾部市の部長や、財政課の職員府議、市議会議長で、40名以上の皆さんが参加されていた。
午後5時から懇親会となり、府や市の職員が膝突き合わせて懇親の宴が盛り上がった。
午後7時30分 お開きとなったので直帰。
午後10時 酔いも手伝って朝までぐっすり。10時間も寝てしまった。

2月21日(日)
午前8時50分 前日の叙勲パーティで、自家用車を置いて帰ったので、京綾部ホテルまで、徒歩で、了圓寺の文書を檀家のお家にポスティングしながら車を取に行く。
午前9時30分 前夜はお風呂に入らずに寝てしまったので、ホテルの温泉に入浴。
午前10時30分 帰宅後、ブログ制作
午後1時20分 下八田町の創価学会綾部平和会館へ
議長として「第20回農漁村ルネサンス体験主張大会」へのご案内をいただいたので出席。ライブ中継された、農漁村で創価学会を信心しながら、生き生きと活躍する農業青年の体験談や、苦しい時に信仰しながら小豆島のオリーブを苦労しながら栽培し、その結果国際品評会の金賞を受賞した発表。そして、54歳から始めたトマト栽培で成功されたお話を聞かせていただいた。いずれの方々も、創価学会の「自他共の幸せ」の実践発表。信仰心は大切だなと思う。
午後3時 会は終了し帰宅。
午後4時 源太郎新聞を各家庭に配布いただく世話役の方々に持参。

明日からの議会へ向けて英気を養う。





[PR]

by ando-ayabe | 2016-02-21 17:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24978016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< いよいよ3月議会 あやべ厄神大祭 >>