あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

平成27年を表す一語『安』

12月28日(月)
今年を表す言葉が、12月に発表され、清水寺森清範管長が書き記された。
まさに最後の最後まで「安」だった。電撃的な従軍慰「安」婦の問題に韓国とけりをつけたのも、安倍さんの政治的力量が無ければ整理できなかったかもしれない。

最後まで政治は国家国民のため、誰かが最終判断をせねばならない。それを一気に期限を切ってやり遂げる政治家はどんな批判を浴びても、やり遂げねばならない時の決断力が絶対に必要。あれこれ迷ったり、前夜と翌日とで判断が代わるようでは一国を預かる政治家にはなれない。決断力のない政治家も世の中にはごまんといる。

まさに「安倍」の「安」今年の言葉。安保法制でもTPPでも、国民は、色々な考えを持っている。しかし、情報を一番よく把握しているのも、安倍総理や官邸、政府自民党。生の現場で肌で感じて、1億国民のため、あるいは2600年も続く世界的にも例が無い万世一系・大和の国を守り後世に伝えるためにその時々で重要な決断をしなければならない。

第2次世界大戦での政治的敗北の反省に立って、二度と国民を貧窮の淵に立たせない。国家存続の危機に至らしめないための強い意志と政治的決断力が今日求められている。

そしてそれらに反対する勢力の裏で誰が糸を引き、どの国家が誰を介在して動いているのかも分析を行うと共に情報収集を怠りなく行い、国民を分裂しようとする策動を速やかに解明し正道を行うことがこれからの日本には必要だ。

第2次世界大戦後、アメリカが我が国国民に対して行ったWGIP工作(日本人洗脳計画)が明らかになりつつある。又、従軍慰安婦問題を世界で煽り反日宣伝を行っている「韓国女子挺身隊問題対策協議会」なる団体が、裏では北朝鮮とつながっているとの新聞記事を読むにつけ、シールズなる学生団体が、その裏では、共産主義国家のエージェントの扇動を受けているか、もしくは、それらを正義のように取り上げるマスコミの中に共産主義国家からの指令を受けて、反日日本人を形成させようと策動しているのではないかと、疑ってかかる眼を持つことが必要だ。

今や、アメリカの力は、世界の警察国家としての力を持たなくなって久しいが、決定的には、今年訪米した習近平国家主席やロシア・プーチン大統領との会談によって、世界平和のために何ら力を及ぼすことができなかったオバマ大統領の状態が極め付きだ。これからの世界情勢は、我が国の独立・存続をいかにして維持させるかを自らが判断しなければならない世界情勢だと言うことを国民に知らしめた。安保法制はその情勢変化に対応したものであることを国民は理解するべきだ。楽観論ではいられない情勢だということ。「安全・安心」の国民生活のためにも、決める政治を安倍総理の下で按配良く。ついでに「安心・安全の綾部は安藤」で。ですか。

28日は市役所は仕事納め。
午前中 先日開催した政治経済懇談会の御礼のご挨拶、記念品や写真の配布などに、建設業協会や商工会議所、森林組合、市長などに年末のご挨拶を兼ねて訪問。

午後1時 帰宅。事務整理。

12月29日(火)
今年最後のゴミ出しをして、午前7時 お迎えの車で兵庫県へ。同級生とのゴルフ。スコアはいまいち。綾部へ帰っての19ホールもゆっくりして帰宅は午後9時半。心地よい疲労。

12月30日(水)
午前10時 シティホールへ。松室医院の医師松室信義さんが92歳で他界された。市功労者であり、ライオンズクラブのチャーターメンバーでもある。葬儀に参列。
午前11時半 帰宅。年末恒例の掃除三昧。






[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24817913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2015-12-30 23:14 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)