あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

ものづくりは人づくりから

12月2日(水)
久しぶりに朝に余裕があったので、子どもの見守りに出かける。あと少しで2学期も終了だが、徐々にだれてきている。気合を入れないとダメかな。忘れ物が多いし。

午前中は年越しの掃除の走り。山積みになった既読の新聞の整理。6束にもなった。
午後1時前 議会事務局へ。一般質問の質問順の抽選会へ。
質問順は、
12月8日(火)1日目
①森義美(公明党)②荒木敏文(創政会)③堀口達也(共産党)④松本幸子(民政会)⑤片岡英晃(新政会)

12月9日(水) 2日目
①井田佳代子(共産党)②吉崎 久(共産党)③搗頭久美子(共産党)④相根一雄(民政会)⑤久木康弘(新政会)

12月10日(木)3日目
①種清喜之(民政会)②波多野文義(創政会)③村上宣弘(新政会)④高橋 輝(創政会)
以上14名が質問予定。

午後2時 抽選会は終了。福知山市議会議長から電話があり、北陸新幹線の決議等に関して協議。
午後3時 いったん帰宅。
午後4時 京綾部ホテルへ。一般社団法人綾部工業研修所設立50周年記念式典があり出席。
綾部工業研修所は、昭和41年。綾部はもとより、近隣市町のものづくり企業で働く社員のスキルアップを目指し設立された。学卒者のものづくりの基本である機械工作・機械製図・社会学を学ぶ機会の提供を図ってきた。最初は研修期間3年間だったが、時代の要請にこたえてカリキュラムの改編し研修期間を1年間として現在に至っている。毎年30名づつ受講し、延べ1560名の技術者が育ち、現在の京都府北部の製造業者の経営者や中間管理職として企業を担い、地域のものづくり企業の発展と人づくりに寄与されてきた。
f0111128_17154589.jpg
始めた当初は、日東精工の食堂や工場で始まり10年前からは、京都府北部技術支援センターの2階の講堂で授業が継続されている。
10年前私が担当部長だった頃、20万円だったかの京都府からの補助金が削減され一時は存続が危ぶまれたが、当時理事長だった大槻浩平氏が四方前市長に支援の継続を要請。永井振興基金から綾部市が補助を継続し、毎年50万円の運営補助を実施してきた。民間人が共に助け合って綾部のものづくり技術の向上に寄与している綾部工業研修所。綾部人の気高い向上心は誇りだ。
f0111128_17160420.jpg
諏訪吉昭所長の開会あいさつに続いて、中村京都府振興局長、塩田商工会議所会頭の来賓挨拶、団体功労者表彰に続いて、日東精工株式会社代取の材木正巳社長から「明日へ繋ぐ ものづくりは人づくり」と題した講演があった。
f0111128_17161786.jpg
その後、記念写真と懇親会があり地元企業人や行政関係の方々と懇親を深めた。



[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24731659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2015-12-02 09:03 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)