あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

福知山市議会主催議員研修会に出席

11月2日(月)
休日の谷間。午前中はブログ制作他アマゾンへインターネット注文。本2冊。地元にないものはしょうがない。

午前11時 11月7日開催の自民党綾部支部「未来を語るセミナー」開催の案内を建設会社や建設業協会にお願いに行く。
昼前に議会へ行き、地下売店で購入した寿司パックで昼食を済ませる。

午後0時15分 公用バスで福知山で開催の議員研修に出発。13議員が綾部からも出席。積極的に議会や議員の在り方を学ぶことは大切なこと。

午後1時前 福知山市役所の隣のハピネス福知山に到着。北部5市議会からもたくさん参集され、約100人の各市議会議員で久しぶりに盛況の研修会だった。
f0111128_09590085.jpg
午後1時「地方議会の役割と課題~これからの地方議会に求められる議員像・議員力~」と題して、東京大学法学部教授金井利之氏の講義をお聞きした。とても面白い論調で話され、2時間飽きることなく興味を持って聞けた。

とりわけ、地方創生のまやかし(地方創生=地方早逝)について厳しい論調で批判されある意味溜飲を下げた感がある。また、議員定収削減や議員報酬に関しても結構面白い講義をいただいた。一般社会で人手不足の企業は「給料が安く仕事が過酷」と言うことになり、それは議員に成り手が無かったり自治会役員や民生委員、老人会の役員に成り手が無かったりすることとある意味同質である。と。なるほど。議員定数の削減は、成り手がいないから定数削減するようなもので本質的に良くならない。
 しかし、現代の若者の雇用状況を考えれば、議員の賃金は高い。議員の成り手の無い自治体は、仕事が無く困っている若者か派遣などで苦しんでいる若者を立候補させればどうか。ただし質の問題は課題だが。と。

午後3時 研修会は終了。舞鶴市や京丹後市の知り合いの議員さんとしばしお話をして帰路に。
午後3時30分 綾部市役所へ。四方府議の事務所へ行き久美ちゃんとしばし歓談。二之湯先生のツーショットポスターが届いた。出来るだけ早くに配布しよう。

午後5時 一旦帰宅し、綾部印刷へ。公民館便りの原稿をメール送信。
午後6時 体育協会普及委員会に出席。第4回綾部市丸山スポーツ公園2015クラス別チャンピオン大会第1回実行委員会。11月7日に開催される同大会の当日の進行や役割分担について協議。概ね決定し、午後6時40分終了。








[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24633772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2015-11-02 23:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)