真庭市から兵庫県尼崎市→京都まで

10月21日(水)
前夜の交流会は楽しいひと時だった。来年開催へ向けて綾部から参加者の皆さんの意気込みもうかがえた。担当のN部長との懐かしい話も楽しかった。N部長とは、昔から「ハイリスク・ローリターンとローリスク・ローリターンの職員」が役所には存在すると議論したものだ。それでも性分としてハイリスクのほうをとってしまう自分の性を嘆いたものだ。

 朝は、ホテルの朝食もおいしく頂戴する。
午前7時45分兵庫県尼崎市へ向けて公用車で出発。他の参加の皆さんは、午前中真庭市内の研修コースに分かれて視察。

午前10時50分 中国自動車道をひた走り、尼崎市にあるホテルアルカディアへ滑り込み。
午前11時 近畿市議会議長会第2回理事会開催。綾部市議会と舞鶴市議会、宇治市議会は、本年度近畿市議会議長会の理事に就任している。京都府市議会議長会の会長市は福知山市議会議長が勤めている。とりもなおさず、近畿市議会議長会の京都府支部長と言うことになっている。近畿市議会議長会の会長は、本年度は、四条畷市議会議長が勤めている。
 午前中の理事会は、①前回の理事会以降の会務報告。②来る11月10日に開催される全国市議会議長会評議委員会への支部提出議案について協議「持続可能な国民健康保険制度の確立及び財政支援について」協議。③そのほか、今後の会議開催日程や平成28年度役員について協議。

1時間で理事会は終了し昼食を兼ねて懇談会。各市議会の情報交換。
f0111128_22512730.jpg
午後1時 同近畿市議会議長会議長研修会。近畿一円の市議会議長が出席し研修会。
評論家の金美鈴氏を講師に「日本再生への提言~次世代に繋ぐ美しい日本、伝えたい日本~」と題して現在の安倍政権の評価。マスコミに対する視点。政治と金の問題と税の使われ方。地方議会の役割など楽しい話術で、2時間講演をお聞きした。

とくに、マスコミの取材編集に関しては、意見をお持ちのようで、読者の視点、市民国民の視点見通す力や見る目を養うよう教養を高めるべきだ。日本人は昔よりも教養が落ちてきている。」と諫言も。たかじんのそこまで言って委員会の模様や、過日発行された週間文芸春秋の「自民党政調会長の稲田朋美代議士への記事に対する編集の在り方」など裏話も。
私にとっては、面白いばかりの話だったがそうでもない方もいたと思う。

午後3時 尼崎のホテルを出発し名神高速道路・二外を一路京都へ。
午後4時30分 京都グランビアホテルへ到着。まだ次の会合の時間まで時間があるのでイオンの大垣書店へ行き百田尚樹氏の「大方言」を購入。
今夜のパーティにネクタイがいるのを思い出したが、ネクタイを公用車の中に忘れ運転を世話になっている次長と連絡が付かないので、どうせ新しいネクタイを一本欲しかったので伊勢丹に入ってネクタイを購入。思わぬ出費

午後5時40分 グランビアホテルの広間へ。「植田喜裕氏京都府議会議長就任祝賀会」に出席。先ほどお出会いした京都府下の議長さんも再びお出会い。梅原勲京都府選挙管理委員長とお話して、会場が開いたので席へ。

植田喜裕氏は、京都市中京区選出の府議で、元は南山城村出身とか。府議になるまでは、参議院議員の植木みつのり氏の秘書をされていたとのこと。多くの参加者に祝福されて、私も議長就任祝賀会の時を思い出した。
f0111128_23104668.jpg
午後6時30分 祝賀会が始まった。発起人代表の伊吹文明元衆議院議長の挨拶のあと、西田昌司議員、山田啓二知事、門川大作京都市長の祝辞、植田氏の謝辞。お祝いの剣舞・扇舞や壬生六歳念仏踊りなどが披露され、約1時間30分式典が続いた。

午後8時から津田大三京都市議会議長の乾杯発声で祝宴に。約1時間。食事をしながら、名刺交換など。京都府常任監査委員の井上元さんや京都府農政課時代大変お世話になった瀧紘一さん、京都府商工会連合会専務理事の永井秀明さんにお出会いし名刺交換した。
なぜか参議院議員片山さつき氏が選挙用の挨拶に来ていた。一応名刺交換。

午後9時10分 お開き。京都縦貫道を綾部へ
午後11時前 綾部へ帰着。













 
 

[PR]

by ando-ayabe | 2015-10-21 22:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24597548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 戦没者追悼式 未来志向の平和主義を 第9回全国水源の里シンポジュウム参加 >>