KTR利用促進協議会監査   

2015年 07月 27日

7月27日(月)
いよいよ7月も最終の週。暑さもピークを迎える。
午前9時半 議会事務局へ。土曜日の公務の領収書などを事務局へ渡したり火曜日の記念事業の最終の詰めをしておく。

午前10時 宮津市の職員さんが来訪。平成3年JRから切り離された宮福線・宮津線の沿線自治体並びに府北部地域の自治体や議会・関係商工会議所・観光協会そして京都府で、KTR株式会社で運行開始。日本最大の赤字3セク会社。関係団体で北近畿タンゴ鉄道利用促進協議会を組織しているが、その監事として綾部市議会議長が充て職となっているようで、平成26年度の利用促進協議会の会計監査をしてほしいと来訪された。

平成26年度の事業報告をお聞きし、更に開会決算書を帳票や書類で監査した。監査内容とは異なるが、来る8月6日に開催される総会で、「京都丹後鉄道利用促進協議会」に改称されるそうだ。平成26年度は、運営主体がウイラージャパンに替わったり、くろまつ号・あかまつ号などが運行したりと新たな取り組みの1年だった。沿線自治体は、貴重な地域交通の要であり、引き続き、利用促進事業を進めておられる。特に京都縦貫自動車道の完全開通で、鉄道離れが心配される中、府北部のインフラである美しい自然や美味しい地元食材を生かした観光的視点での取り組みが期待される。27年度も地域住民がまづ主体的に利用促進を図ることが重要で、各自治体が主体的な取り組みも必要。

監査の最後に、先ほど工業団地振興センターで開催された大槻悟さんのミニ鉄道モデルの会が掲載された市民新聞を渡し、このような方も綾部にはおられるので、利用促進イベントの際に協力してもらえばどうかと提案しておいた。

午後1時半 先週の続きの議会だより編集委員会を再開。印刷業者から、ゲラがまだ届いておらず開会を少し遅らせた。

午後4時 一応のゲラチェックができた。まだ届いていないゲラもあるが致し方が無い。委託料も増額し新しい紙面を作ろうとしている矢先こんなトラブルも。費用対効果の成果が出るのか?請負出来ないのなら受託しなければよいと思うが。

帰宅後すぐに喪服に着替えて、斎場へ お寺の檀家さんで東八田の方が亡くなられたので、通夜に参列。




[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-27 23:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24300419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 綾部市議会開設65周年記念「綾... 京都縦貫自動車道の全線開通を祝う集い >>