久しぶり~♪   

2015年 06月 18日

6月18日(木)
出張帰り。疲れていたのか、目覚ましかけたが、子供見守り隊を欠席。
午前中 議会事務局へ。出張で留守にしていたので、決裁も溜まっている。
一般質問の抽選会が16日の午後あり、副議長に対応してもらった。質問通告書の決裁。今回も16人の議員が質問する。

全国市議会議長会の総会が17日にあったばかりでもう新会長名での表彰状が届いていた。議会本会議の場で表彰することを協議。

今夜は、久しぶりに綾部混声合唱団の練習に参加しようと、宮代コミュニティセンターへ。
「久しぶり~」とか言われたけど、1か月ほどしか欠席してないんだけどな~。
でも、毎週練習していなかったせいか、声が出ない。しばらくすると元の勘を取り戻してきたが、やはり練習は大切だな~。

一般質問者と質問内容は次の通り。

平成27月定例会 一般質問発言通告一覧

【一般質問】

平成27年6月23日(火)午前9時30分から(発言者5人)

質  問  者

質      問      事      項

高 橋   輝

(創政会)

地方創生

○ 綾部市版総合戦略

   ・ 第5次総合計画(前期)総括

・ 地方版総合戦略の柱は

・ 計画スケジュール等

  ○ 企業誘致

   ・ 物流拠点構想、京都ものづくりパーク

  ○ 大学連携

   ・ 京都工芸繊維大学、京都産業大学

  ○ 住宅の確保

   ・ 住宅・宅地整備

  ○ 観光交流

   ・ グンゼ・大本の売り込み

水道事業

○ 水道事業ビジョン

・ 策定趣旨、料金改定スケジュール

○ 財政計画

 ・ 給水人口の減少による財政計画

・ 老朽化施設、老朽管対策

・ 他市との料金、料金体系の比較

○ 平成28年度からの料金改定

   ・ 今回の改正、料金の算出

○ 負担が少ない料金改定を

・ 今後の料金改定について

松 本 幸 子

(民政会)

教育

  ○ 第1回総合教育会議において

   ・ 第1回総合教育会議での教育長の思いを、全教職員に伝えて

    いただきたいがどうか

  ○ ネット依存症と学力低下について

・ 本市の小・中学生のスマホ・携帯の所持率は

・ 生活実態調査(スマホ・携帯・パソコン・ゲーム機等使用

 する時間)はしたことがあるのか。その数値は

・ ネット依存症と学力低下の関係は明らか。この現状をどの

 ようにお考えか。子ども逹、保護者への啓発活動はどのよう

 にされているか

・ 情報リテラシーの向上に取り組む学校もでてきた。本市でも

 取り入れる必要性があるのではないか

・ スマホの規制条例を制定している市もある。本市ではどのよ

 うにお考えか

  ○ 図書室の有効活用について

・ 図書室を放課後生徒が集える場所(コミュニティルーム)

 にしてはどうか

福祉

  ○ 高齢者対策

・ 市老人クラブ連合会への加入減少という現状をどうお考えか。

 増員する方法はないか

   ・ 補助金申請用紙をもっと簡略化できないか

   ・ いきいきと活性化するための手立ては

・ 一人暮らしの高齢者の見守りはどのようにされているのか

・ 傾聴ボランティアの育成はどのようにされているか。評判は

 どうか

・ 里町にリニューアルされるどんぐりの家「高齢者生活支援

 サービス事業所」、岡町に新設されるふきのとう「小規模多機能

 型居宅介護施設」の概要は


堀 口 達 也

(日本共産党)

平和

○ 憲法違反の「安全保障関連法案」に対する市長の見解は

   ・ 衆議院憲法審査会で3人の憲法学者が揃って「憲法違反」の

判断を

・ 世界連邦都市宣言第一号の都市として世界に平和の発信を

水道

○ 「水道ビジョン」策定の最中に新第一浄水場建設詳細設計を発注

   ・ 「水道ビジョン」とは、将来をめざす計画ではないか

・ ビジョン策定と、第一浄水場詳細設計は同じ業者に委託

・ 第二浄水場や、第三浄水場取水井の今後の活用方策

○ 財政計画について

  ・ 新第一浄水場建設は、補助金、借金、内部留保金の活用

・ 内部留保金は、このままで推移するなら平成34年度には0に

なると予測している

・ その最大の要因は、平成29年度の簡易水道と上水道統合に

ある

・ 簡易水道の借金返済が全水道使用者にのしかかる仕組みを

避けなければならない

○ 水道料金体系の見直しと引き下げを

   ・ 料金体系について

建設

  ○ 平成26年度の入札に係る事務ミスの改善策について

吉 崎   進

(民政会)

地域振興

○ 都市計画線引き廃止の進捗状況について

  ・ 線引き廃止後における土地利用の誘導規制方策は

  ・ 線引き廃止による市民への影響(農地転用等)は

  ・ 市街化区域内農地や都市計画税など税金の取り扱いは

   ・ 線引き廃止に向けた今後のスケジュールは

行政

  ○ マイナンバー制度について

   ・ マイナンバー制度とは何なのか

   ・ マイナンバー制度を導入する訳は

   ・ マイナンバー制度のメリット、デメリットは

   ・ 個人番号カードは持たなくても支障はないのか(住基カードの

    実態)

   ・ 市民周知をいつするのか

交通

  ○ JR山陰線の利用拡大について

   ・ JR綾部駅は市の玄関口、多くの利用客を望むが、市としての

    思いは

   ・ 京都からの新設、朝一特急列車の利用状況と本市への影響は

   ・ 市民のJR利用促進に向けての取り組みは

   ・ 市役所内のJR利用実態は(京都までの出張・研修等)

相 根 一 雄

(民政会)

地域振興

  ○ 京都縦貫道の全面開通に当たって

   ・ 待望の高速道路開通においてのイベントは

・ 綾部の高速クロスポイント都市をどの様に生かすのか

・ 高速道路開通後の市内道路整備構想は

○ 農地中間管理機構の役割について

   ・ 農地中間管理機構の綾部においての実状は

・ 農地中間管理機構への住民の不安と農業離れが地域活力の低下へと移行している

・ 中山間地のコミュニティー維持は農業にあり

交通計画

  ○ 北陸新幹線敦賀以西ルートについて

   ・ 環日本海経済圏構想によるルートを要望すべき

・ 米原ルートを先行し、将来計画として山陰新幹線の福知山ルートを要望すべき

・ 地方創生、地方分散によるレジリエント構想を

観光振興

  ○ 由良川改修に伴い観光名所を

   ・ 由良川並松地区に親水公園の設置を

・ あやべ由良川水生園の再生を

【一般質問】

平成27年6月24日(水)午前9時30分から(発言者5人)

質  問  者

質      問      事      項

井 田 佳代子

(日本共産党)

環境

○ 里山整備促進で資源として活用を

  ・ 市内の天然林の持つ可能性についての考えは

・ 温暖化防止、土砂災害防止、動植物の生息地などのため天然林の整備が必要ではないか

・ 人工林には支援・補助があるが、天然林にも間伐や、植種変更など補助が必要ではないか

・ 天然林資源循環利用のための仕組みができないか

福祉

 ○ 障害者が安心して暮らせる地域づくりを

・ 第3期障害福祉計画の進捗状況は

・ グループホームを望む声は強いが、必要性についてどう考える

 か

・ グループホーム建設にどんな課題や問題点があるのか

・ 事業者と行政が協力してグループホーム建設に取り組む必要があると思うがどうか

種 清 喜 之

(民政会)

医療

  ○ 広域医療連携と綾部市立病院について

   ・ 中丹、北部地域における広域医療連携の現状は

・ 脳卒中におけるt-PA治療の有効性及び救急医療と救急搬送

 の状況について

・ 脳卒中の予防啓発活動について

・ 市立病院の医師不足について

商工

  ○ 綾部創生プレミアム商品券とわくわく子育て商品券について

   ・ 商品券の申込状況と取扱店の登録状況は

・ 商品券の購入制限廃止や取扱店増加に向けた今後の取り組みは

  

福祉

  ○ 西部地区高齢者福祉施設の整備について

   ・ 現在の進捗状況は

・ 建設予定地の土地調査について

・ 今後の計画について

市政

  ○ 東京圏高齢者移住提言について

   ・ 東京圏高齢者移住提言を受け、本市の見解は

・ 今回の提言を活かす政策の検討

片 岡 英 晃

(新政会)

公契約

  ○ 公契約条例について

   ・ 本市における公契約の状況と入札方法は

・ 総合評価方式について本市の見解は

・ 近隣市でも公契約条例制定に向けて動きがあるが、本市の状況

 は

教育

  ○ 新市民センターの整備計画と機能について

   ・ 市民センター建設の目的を改めて問う

・ 各団体に実施されたアンケートの集約状況と活用方法は

・ より広く市民が利用する施設とするために、ボランティア総合センターの窓口を設置してみては

消防

  ○ 消防団員の現状と本市の関わりについて

   ・ 消防団員の年代別構成人員はどのようになっているのか

・ 分団の地域外に在住し、消防団員として活動している団員の人数は

・ ある自治会では消防団員が一人もいなくなると課題があるが、今後の消防団のあり方について本市の見解は

荒 木 敏 文

(創政会)

国の財政健全化計画と地方交付税

○ 国の財政健全化の名の下に地方固有の財源である地方交付税を削減してはならない

   ・ 日本はなぜ先進国中最悪の財政状況になったのか市長の所見は

・ 将来世代のためにも財政健全化対策は入るを量りて出を制すし

かない

・ 特例・上乗せ加算廃止後の交付税の見通しと市の後期基本計画への影響は

・ 地方創生に逆行する国の財政健全化計画が確定する前に地方から大きな声を

看板戦略で綾部市のアピールを

○ 綾部を印象付ける取り組みを

   ・ 京都縦貫道全面開通や世界連邦日本大会を機に目を引く道路

案内・看板等の設置を

10

波多野 文 義

(創政会)

水道

○ 水道事業ビジョンのあるべき姿と公正な水道料金のあり方に

ついて

   ・ このビジョンは目指す理想像よりも、想定される姿になって

    いないか

   ・ 市民にわかりやすい、公正な料金体系にするには

・ 上水道と簡易水道の同一料金化と、下水道料金関係のバランス

 は

  

地域振興

 ○ 海の京都、森の京都事業の実施実態と今後の取り組みについて

   ・ 現在の取り組み状況と今後の展開は

   ・ 東部地域における森の京都事業の取り組みは、どのように

考えられているのか

  

教育

  ○ 一貫教育の取り組み状況とPTC(地域)Aの組織化について

   ・ 一貫教育の取り組み体制と実施実態は

・ 地域に根差した教育の取り組み状況は

・ PTCA組織の結成と活動の推進は

定住促進

  ○ UIターン者定住支援住宅の促進について

   ・ 活用実態と課題、今後の展望は

・ 定住できる環境づくりが必要では

【一般質問】

平成27年6月25日(木)午前9時30分から(発言者6人)

質  問  者

質      問      事      項

11

吉 崎   久

(日本共産党)

環境

  ○ 燃やして処理するごみ減量化のために

   ・ 燃やして処理するごみの組成は

   ・ 雑紙の分別化、リサイクル化で半減を

   ・ 個別収集した場合の試算を求める

   ・ 取り組みの結果を市民に返す手法は

   ・ ごみ焼却処分委託経費の計画と実態は

   ・ U型袋の価格設定について

農業振興

  ○ 有害鳥獣防止対策の強化を

   ・ 有害鳥獣生息数の推移は

   ・ 鳥獣被害防止計画の見直しについて

   ・ サル被害の拡大防止と捕獲強化を

   ・ 捕獲個体の焼却施設建設と一時保管施設の建設・管理は

行政運営

  ○ 市有財産の処分は適正に行うべき

   ・ 「地方自治法」で自治体の財産の管理・処分の規定はどのようになっているか

   ・ 「財産の交換・譲与・無償貸し付け等に関する条例」ではどのように規定しているか

   ・ 近年自治会等公共的団体に有償譲渡・有償貸し付けした例は

   ・ 「公共的団体」でない場合、施設・土地とも有償にすべきではないか

12

村 上 宣 弘

(新政会)

自治会財産

○ 認可地縁団体について

   ・ 本市における「地縁団体」の総数は

   ・ 認可地縁団体設立にはどのような要件があるのか

   ・ 本市の認可地縁団体の総数と、その団体別内訳は

   ・ 代表者等告示事項に変更があった場合には届出が必要であるが、

    履行状況は。また未届に対する罰則はあるのか

   ・ 不動産登記の経費の補助はないのか

   ・ 本年4月1日施行の改正地方自治法の特例の内容は

   ・ 認可地縁団体設立手続きの簡素化に対する考えは

13

森   義 美

(公明党)

地域活性化

○ 若者定住について

   ・ 地域おこし協力隊制度の取り組み状況は

   ・ 今後の計画見通しはどうか

 ○ 観光・地域振興について

  ・ 各施設、イベントなどの入り込み状況は

  ・ 京都縦貫道全線開通に伴う具体的戦略は

   ・ オンリーワン・ナンバーワンの状況と今後の展開は

教育

 ○ 中一ギャップについて

   ・ 本市の不登校の実態と解消に向けた取り組みは

  ○ 子どもの体力向上について

   ・ 本市の小・中学校の体育の状況

   ・ 授業以外の特別活動等の取り組みは

   ・ 市内大会、中丹、府下等の大会では混合チームの枠はないのか

 ○ 読書活動について

  ・ 学校での取り組み状況は

   ・ 読書アドバイザー、読み聞かせボランティア、図書館司書の活動状況は

   ・ 図書館利用の状況は

   ・ 市民が利用しやすい場所への移転の考えは

   ・ ブックスタート事業の取り組みと成果は

   ・ セカンドブック事業(新入生ブックプレゼント)の考えは

  

スポーツ振興

  ○ あやべ球場の活用について

   ・ 利用状況は

  ・ 高校野球予選大会の状況は

   ・ ナイター設備の考えは

14

久 木 康 弘

(新政会)

消防

○ 平成27年度、綾部市消防団「団長点検」について

   ・ 昨年度より、毎年の点検内容が変更されているが「一期2年」のスパンで訓練の内容、点検に必要な本来の団検目標、目的は達成されているのか、内容評価と課題は

   ・ 団長講評における点検項目、採点の見える化について

交通安全

○ 改正道交法施行による自転車の安全運転について

   ・ 中高生、通学に関わる安全運転の指導は

・ 一般市民への安全運転啓発、「危険行為14項目の周知徹底」

について

観光

○ 特産館、初年度運営における総括

   ・ 初年度の運営目標は達成できたか。反省と課題について

・ 新年度、5市2町による「海の京都博」一翼を担う観光拠点

としての評価を得る取り組みについて

環境

○ たばこ「喫煙」を取り巻く環境について

   ・ 市民の喫煙状況は

・ たばこ税に関わる所見は

・ 庁内における喫煙場所は

・ 未成年者の喫煙防止の取り組みは

・ 受動喫煙防止対策、路上喫煙防止対策への所見は

・ 喫煙者と非喫煙者の共存社会の取り組みは

○ 空き家対策特別措置法施行に伴う本市の取り組みについて

   ・ 本市における現在の空き家率は

・ 特定空き家の定義が示された、本市では、この定義に該当する空き家は概ね確認できているか

・ 特定空き家の苦情に対する市民ワンストップ窓口の開設につい

 て

・ 空き家にしない対策、仕組みを

15

塩 見 麻理子

(創政会)

教育充実

○ 人口減少と教育施策

   ・ 人口減少と教育施策への関連性と所感

・ 綾部市総合教育会議とは

・ 「綾部で学ばせたいと思われる教育の推進」とは

・ 4つのビジョン・8つのミッションに込める思い

地域活性化

○ 大学連携とまちづくり

・ 大学連携とまちづくりの重要性に関わるPBL型課題解決型学習(Project-based Learning=PBL)プログラムについてのご所見は

高齢者福祉

○ 高齢者施策の充実

・ 大都市高齢者移住推進に対する市長のご所見は

  ○ 日本一の移送サービス

・ 認定NPO法人あやべ福祉フロンティアと清山荘の現状と課題

・ この団体の取り組みを市で行った場合、いくらかかると試算

するか

・ 今後の充実支援へのお考え、府第一号の認定NPOに対する

 充実策

・ 市民活動団体が補助金に頼らず、継続出来る方策をどう考える

 か

都市農村交流

  ○ 里山ねっとの今後

・ 里山ねっと・あやべの設置経過と活動方針

・ 綾部市里山交流研修センター施設整備の進捗状況は

・ 里山ねっと・あやべの可能性は

16

搗 頭 久美子

(日本共産党)

原発

○ 安全に避難できる「原子力災害避難計画」の策定を

   ・ 原発事故の判断と市への伝達(避難方向の判断)

・ 住民への伝達と避難

・ 施設利用者と災害時要援護者の避難

・ 避難先確保と課題

・ 市職員・消防団等の任務と被爆防止策

・ ヨウ素剤配布

・ 学校・幼稚園等の避難計画

・ 計画の周知と検証、見直し

子どもの貧困

○ 「京都府子どもの貧困対策推進計画」と市の取り組み

・ 市の現状把握(ひとり親世帯、非正規雇用と男女の格差等)と

課題

・ 経済状況と学習への影響

・ 今後の支援策について(地域未来塾等)

・ 高齢者施策との連携

住宅

○ 持ち主の相談も含めた空き家対策を

   ・ 特に「特定空き家」の調査と対策




[PR]

by ando-ayabe | 2015-06-18 23:12 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24153608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 綾部支部総会 第91回全国市議会議長会定期総... >>