あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

情報収集・理論構築

5月23日(土)綾部特産館開館1周年記念のバラ祭りがあり、家内と園内を見学。バラ園は、まだ盛りではないようで、花の数もそれほど多くなかったが、いい香りがしていた。今月下旬から6月上旬がが盛りとか。お昼のお弁当を買ったり、同級生も店を出していて、善哉を食べたりと、ゆっくりと時間を過ごした。

午後は、議会で購入している図書を借りて帰っており、読書三昧。情報収集も必要。特に地方創生戦略についての議会のかかわり方について記述があり、先進自治体の取り組みや、地方創生戦略が補助金ありきの計画では、人口減少社会に対応する真の地方創生は生まれないなど、特筆すべきこともあり、週明けに、事務局に研究していただくこととした。
 木下斉氏の「稼ぐまちが地方を変える」という経営視点に立った行政運営の視点は重要だ。
f0111128_16360404.jpg
夜は、了圓寺青年部の定期総会が開催され出席。

5月24日(日)
午前8時から9時半まで、お寺の墓地の清掃。西本町や川糸などが当番になっており参加。涼しい間の清掃だった。
家内は、淡交会両丹支部の追悼茶会の段取りや当日の運営で、前日から今朝も福知山と綾部を往復している。

お寺の清掃終了後は、引き続き、読書三昧。
午後6時から青野町自治会の組長役員懇親会に出席。私と由良自治会長が退任役員でご挨拶。4期8年間役員をさせていただき、自主防災会の結成や、資源回収事業の着手など色々なことをこの間させていただいた。コミュニティを充実することは何にもまして大切なことだ。人が生活するうえで、隣近所のより良き関係を構築するための仕掛けを自治会役員はしていかなければならない。新組長さんなどと楽しい交流ができた。

5月25日(月)
午前10時 公民館へ出向いて、公民館だよりの原稿や写真を入手。自治会職員さんが21日から交代され、同級生の井田君が着任した。安積連長と良きコンビで、頑張っていただけるものと大いに期待している。

府議の事務所で、府議とお話をして、午前11時 議会事務局へ。
文書決裁して昼過ぎに帰宅。議長・副議長は常に議会に顔を出して議会事務局の責任者として、相談したり文書の決裁をしなければならない。私も吉崎副議長も週に何度か議会に顔を出して議会業務が滞らないよう、注意を払っている。少なくとも、議長・副議長の机の上に文書が山積みになったりすることだけは避けねばならない。
 私は、ほぼ毎日、1時間でも議会に出向いて状況を把握している。

午後は、公民館だよりの原稿を作成ほぼ完了。
午後7時 井倉町公会堂へ。「綾部市内水対策協議会」に出席。昨年11月に、地元自治会長や建設委員さんたちと作った同協議会。住民の運動を強めないと少しも内水対策は解決しない。ゲリラ豪雨はその頻度をますます増している。内水対策は緊急かつ重要な課題だ。住民の切実な声を各省庁や政治家に訴えねばならない。綾部市もこの運動に理解をいただき、5万円の団体補助金を予算化していただいた。また、内水対策の緊急予算を平成26年度は700万円平成27年度には内水対策の基本計画調査業務費を1千万円計上してくれた。議会で住民の皆さんの声を継続して訴えてきた成果だと思っている。いよいよ、国や府を動かさねばならない時期に来ている。この運動をさらに強めねばならない。

会議終了後、井倉自治会長さんたちと、近くの居酒屋さんで意見交換会。午後12時歩いて帰宅。












[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/24064945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2015-05-25 23:35 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)