ビリギャル

5月4日(月)みどりの日。少し天気が悪くなるとの予報。
午前11時 家内と兵庫県三田までドライブ。ウッディランドのシネマコンプレックスで封切りの「ビリギャル」を鑑賞。青春映画とジャンル分けされており、60歳カップルで観るのは恥ずかしいが、「ドラゴンボールZ」でもないし「寄生獣」でもないし「シンデレラ」もね~。

というか、私たちの子育てどうだったのか考えさせられる映画だった。子育て中のお父さんお母さんはぜひ「ビリギャル」観てほしい。偏差値30のどこにでもいる少女が塾の講師の熱意ある指導や子どもを信じている優しいお母さんの下で慶応大学受験に挑戦し、死に物狂いで受験勉強。見事合格するまでの2年間の挫折や苦闘、仲間、家族関係など、楽しいタッチで笑いも涙もある面白い作品だった。主役の有村架純ちゃんが可愛い。今年の主演女優賞だ~。(肩入れしすぎかな~)

映画上映までは、SCで買い物や昼食。サイゼリアのハンバーグ定食。食べ盛りには良いが年寄りには...

午後4時20分上映の映画を見て、ペットショップで可愛い猫がGW特別価格で10万円値引きしてあり、欲しくなったが家主の銀造が自宅で待っているので、買うのは止めにして帰路。夕食は西紀サービスエリアのきつねうどんと天麩羅蕎麦で大満足。







[PR]

by ando-ayabe | 2015-05-04 23:16 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23977436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 秋葉三尺坊大権現 憲法を考える >>