農地中間管理事業は農業農地を守る要

3月22日(日)
今朝は朝から花粉が飛んでいる。午前9時半。公会堂へ。年度末の公会堂倉庫の整理。自治会役員皆でかたずけ。約1時間ほどで完了。


シャワーを浴びてふしみやさんへ「あやべ踊り保存会平成26年度総会」に出席。年に一度の定期総会。予算・決算や事業報告・事業計画案の審議など。総会終了後懇親会。皆さん趣味を一つにする仲間同士。歌や踊りなど和やかに過ごす。ノンアルコールもいける。
午後1時 途中退席させていただき、物部営農指導センターへ。
午後1時30分 第45回綾部市農林業振興祭農林業功労者表彰とフォーラム「第13回明日の農には夢がある」に出席。優良農林業功労者の表彰では、長年にわたって地域農業や林業の振興発展のために尽力されている方々やグループなどを表彰。
f0111128_20021915.jpg
その後催されたフォーラムでは、講師として近畿農政局の経営事業支援部農地政策推進課課長補佐の橋詰圭二氏から、「農地中間管理機構の制度説明・国の考え方」と題して講演。

その後、午後3時から、京都府農業総合支援センター京都府農地中間管理機構の中西次長から京都府の中間管理事業の取り組みについて現状と課題など講演があった。

久しぶりに聞く農業・農地の話に心が躍った。30年前を思い出してわくわくした。

午後4時フォーラムは終了。花粉症状がひどいので急いで家の中に入り、目薬を点して静かにしていよう。



[PR]

by ando-ayabe | 2015-03-22 20:04 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23812233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 綾小っ子97人巣立ち 綾部の介護施設更に充実 >>