八百万の神   

2015年 02月 27日

2月27日(金)
今朝は、やっぱり東京出張で疲れていたのか、朝寝坊して7時25分起床。見守り隊は間に合わなかった。

9時00分 市議会へ。いよいよ3月2日に開会の3月議会は、綾部市にとっても非常に重要な議会。
議会運営委員会が開催され、人権擁護委員の人事案件の諮問に関して執行部から提案があった。

議会改革に関しても少し議論をして、午前9時40分に終了。
引き続いて、開会初日の議長の進行と開会に先立つ全員協議会の進行について事務局と打ち合わせ。議会事務局長が復帰してくれそうで報告有り。ほんとうに良かった。

午前11時半。退庁。自宅で昼食をとり、午後は、出張・研修の整理や地域の元気づくり補助金に関して役所の担当者と電話協議。平成27年度の自治会費徴収簿のデータ整理など。並松の下水道敷設後の市道舗装復旧に合わせた側溝整備を要請していたが実現したようで、隣接の方からお礼の電話。課題に応えてくれた。感謝申し上げたい。

午後6時半。夕食。今日は寒いが、花粉が飛散しはじめたようで、鼻・目の調子が悪くなってきた。
 2週間くらい前に、娘と同級生の、郵便局員の北ちゃんが、綾部の出身の画家が画いた野菜切手が発売されますが、どうですかと配達しながら営業。郵便局も民営化され、配達もすれば、はがきや切手の販売も手掛ける。3シート購入予約していたが今日届いた。是非市民の皆様のみならず全国の皆様、綾部出身の女性が画いた野菜切手購入してください。
f0111128_00204836.jpg
「夕食やで~]の一声で階下へ。仏間の神棚が目に留まる。
f0111128_00222301.jpg
日本の普通の家庭の神棚。八百万の神々が同居して私たち家族を守っていてくれる。天照大神に始まって、厄年には厄神に祈願し、学業成就は天満宮、商売繁盛は稲荷神社か大黒天,恵比寿神社、火の神様は愛宕神社と秋葉神社、水の神様は竜神様か熊野神社、家を建てるときは城南宮、結婚するときは、縁結びの出雲大社、安産祈願は熱田神宮か大原神社、仏教の守護神鬼子母神も子どもの守護神、交通安全は不動明王か成田山、弁財天、地蔵尊、ケガ病気は薬師如来もいてくださる。そして仏壇にはお釈迦様をはじめ曼荼羅の仏様、先祖代々の霊位。日本の宗教は、草木・小石にも仏性があり神が存在している。自然の驚異と死の恐れからくる神信心。健康長寿を願い、更には、痛みの無い死を願い神仏を敬い祈願信心を怠らない。現世の家庭円満・現世利益(りやく)もたくさんの宗教・道徳の教えがある。

日本は素晴らしい。神々様仏様たちが同居してお互いを認め合い、宗教論争しても武力で弾圧することはない。いや、先ごろのオオム真理教、宗祖に逆らうものを抹殺する姿は、今の宗教テロに相似している。
悩みや苦しみ、不条理は雛人形に魂を移して水に流そうではないか。昔の人は素晴らしい哲学者だったのだ。そんなことは世界各地にあるはず。
f0111128_01010247.jpg









[PR]

by ando-ayabe | 2015-02-27 23:59 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23725124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 今こそunicef 創政会研修2日目(農協改革) >>