あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

仕事始め

1月5日(月)
いよいよ羊年の仕事始め。今年一年。議員としての活動が順調に取り組むことができるよう日夜努力します。

朝7時起床 スーツに着替えて、朝食を摂り、8時に市議会へ。
8時15分。職員の仕事始めの式に議長として出席し、挨拶をさせていただく。
最初に市長から今年1年が綾部市にとって大変重要な年であり、オール綾部で取り組んでいくので、職員の皆さんも共に頑張ろうと挨拶。

続いて、議会を代表して職員を前に次のようなご挨拶を述べた。

あけましておめでとうございます。

職員の皆様には、ご家族おそろいで清々しい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。昨年は、一昨年の台風18号による災害復旧事業も実施しなければならない状況下で、8月9月に大変な水害が襲来し、農地や農産物、道路など、災害が発生しました。早速に災害査定を受けていただき、年末には災害復旧予算を計上いただきました。また、昨年は、市長選挙、知事選挙、市議会議員選挙、衆議院議員選挙と、通常業務に加えて、職員の皆さんには、大変ご尽力いただいた年でもありました。

年末年始においても、会計検査の準備をされていた職場もあったようで、ゆっくりとお正月も取れなかったのではないかと存じます。

私も職員を36年間経験してきた関係もあり、新年のことを少しお話ししたいと存じます。

私は、長年にわたって3年ダイアリーというものをつけてまいりました。多分3年ダイアリーをつけ始めたのは、市役所では私が一番早かったと思います。3年ダイアリーの巻頭には「年頭所感」という欄があり、仕事のこと、家庭のこと、趣味のことなど、それぞれ今年の目標を記しておりました。「一年の計は元旦にあり」を実践していました。そして年末には、3年ダイアリーの最後のページにその年の「年末所感」を書く欄があり、1年間の反省を記しておりました。今読み返してみると、冷や汗が出るようなことが書いてありますが、365日の多忙な業務の中で、正月くらいは、ゆっくりと昨年を振り返り反省をし、そして、今年1年の計を巡らせるくらいの余裕を持ちたいと考えます。まだ遅くはありません。松の内の間にお勧めしたいと存じます。

さて、綾部市議会では、去る8月に市議会議員選挙が執り行われ、9月から第17期市議会を構成し市民の皆様の声を市政に反映させるべく既に9月12月と2回の議会を新しい議員で経験してきたところであります。しかしまだまだ「議会力」「議員力」を養わねばならないと痛感する毎日です。お互い切磋琢磨して、今年1年も市民のための仕事を進めてまいりたいと存じます。 

私は議長就任の際に、議会は「改革と進歩」をモットーに、議会が市民にとってより身近な存在となるよう改革をしなければならないと表明しました。

本年は、綾部市制施行65周年・綾部市議会開設65周年の節目の年でもあります。市議会では、この節目の年に、議会の役割を子どもたちにもご理解いただくため、山崎市長さんや足立教育長さんの協力の下で、市内各小学校の児童の皆さんを対象に「綾部っ子、未来を語る議会」(仮称)を開催する予定です。

市議会は、市長などの執行機関と共に、議決機関として、地方自治の二元代表の役割を保持しています。今後とも、市民の皆様が、安全・安心に、そして心豊かに暮らしていただけるよう、市長と議会が車の両輪となって取り組んでまいりますので、職員の皆様も格別のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成27年は、アベノミクスの継続と地方創生元年の年と言われております。

先ほどから市長も申されておりますとおり、いよいよ綾部にとりまして、最大のチャンスが訪れていると思います。このチャンスを最大限生かすためには、市長も議会も職員の皆さんも市民も最大限のチームワークで取り込んでいくことが求められております。綾部にとって必要な施策に対して作戦をめぐらして、積極的に国や府に提案をし、事業を取り込んでいく。綾部のためにフルに働きたいと思います。

今年は、乙羊(きのとひつじ)年であります。乙(きのと)は田園の湿った土を表しています。一方で未(ひつじ)は、穏やかで人情が厚いという意味を持っています。この2つの性質を併せ持つ乙未(きのとひつじ)は、争いを嫌い、調和を好むという特徴が出る干支とされています。今年こそ穏やかな歳になることを祈念したいと思います。結びに、今年一年、職員の皆様のご多幸、ご健勝をお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。


午前10時30分。商工会議所の主催による新年賀詞交換会へ出席。
f0111128_00082404.jpg
商工会議所会頭の年頭のあいさつに続いて、綾部市長と京都府中丹広域振興局長から来賓のご挨拶。四方府議の乾杯の発声で会は始まり、年始のご挨拶をそれぞれ出席者どうし交わす。
f0111128_00075146.jpg
最後に三本締めをさせていただき平野副会頭の挨拶で会は終了。12時20分

帰路、秋から年末に奥さんやお母さんを相次いで亡くされ、しばらく休んでいた同級生のお店「日々」が久しぶりに開店。青松君と上田さんと訪ねる。しばし静かな時間を過ごし議会へ戻る。

ホームセンターの立地について年末にアポを取っていたので、午後1時に市商工観光課に紹介し対応をしてもらう。綾部の商業環境が改善されることを期待したい。

携帯で賀詞交歓会第2ラウンドのお誘いコールが入り、近くで続き。場所を変えて第3ラウンドも続き、帰宅は午後7時に。







[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23519093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2015-01-05 23:43 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)