議会終了後。

議会本会議が終了したら、いつもなら、自宅に帰り、書類整理をして夕方からの与党会派による議会の慰労会に出かけるのが定番だが、今回は、少し異なっていた。
というのも、いつだったか、波多野議員と話しているとき、特別市民2061人への年末恒例の綾部の特産物発送を手伝ってと頼まれていたのだが、生半可な返事をしていた。

早朝6時50分。携帯メールが入る。川北徹君。同級生で集落支援員をしている。現場での地方創生の仕掛け人&実行部隊。今日は寒いので厚着をしてきてください。松本議員にも伝えて。と書かれている。?
今日は議会終了後、故郷便の箱詰め作業を手伝うことになっていた。のを思い出すきっかけになった。

議会終了したのが、11時50分。急いで帰宅し、スーツを脱ぎ捨て作業服に。昼食はあちらで用意していただくとのことだったので、食べずに奥上林老富へ。
f0111128_10175484.jpg
午後1時前に現地に到着したら、地元のお年寄りや、市の職員など参集されていた。議員で参加したのは、私と、地元波多野議員、松本議員、種清議員、高倉議員、定住促進部や企画財政部の職員や集落支援員の川北、山内両氏。途中から上原副市長もお手伝い。全部で14人だったとか。もっといたように思うが。
f0111128_10192170.jpg
流れ作業で、7品目を箱詰めする。息が合ってスムーズ。約1000個を3時間ほどで完了。
f0111128_10193728.jpg
皆さんで楽しくにぎやかに箱詰め作業ができた。こんな作業。だ~い好き~。

ちなみに箱詰めした綾部の特産物は、奥上林の水車米3合入り、栃餅3個入りパック、志賀郷万願寺みそ1パック。水源の里おかき、橋上きゅうり漬け、ともの家製抹茶バームクーヘン。和木梅干し1パックの7品目

午後6時からは、与党議員と執行部との懇親会。水源の里箱詰め作業が話題に。そうだ、市長が午後京都へ出張し、特別市民は一人増えて、2062人になったとか。
凄い産業だな~。



[PR]

by ando-ayabe | 2014-12-19 23:05 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23465959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年末作業開始。 12月議会最終日 >>