極み

11月30日(日)
今朝は、時間との勝負になる。午前10時半。京綾部ホテルへ。
日本舞踊尾上流の最高師範である、尾上菊宣先生の芸歴60年をお祝いする会に参加させていただいた。
f0111128_18090888.jpg

f0111128_18092511.jpg
尾上菊宣最高師範は、昭和28年尾上流家元の直門となり、昭和33年に綾部において「菊宣会」を創立され、お弟子さんを指導される傍ら、新しい振付や創作活動にも熱心に取り組まれ、綾部の民謡「黒谷の紙すき唄」を創作されたり「あやべ踊り」の振り付けを改良され「あやべ扇音頭」を広められるなど長年にわたって綾部の文化活動の中心的活動をしてこられた。

今回四方ハ洲男前綾部市長をはじめ、ご縁のある皆さんが発起人となられ「芸歴60年 尾上菊宣さんを囲む会」を開催された。

出席させていただき、乾杯発声をさせていただき、お祝いを申し上げた。ご主人は、若宮神社の氏子総代さんをしておられ、何かとお世話になっている。お弟子さんで青野町在住の師範の先生もおられ、青野町公会堂をよく練習会場に使っていただく。菊宣会様はいろいろな行政の行事や文化行事に参加され、地域に根差した活動をしておられる「綾部の宝」「オンリーワン・ファースト」でもある。

午後1時半に、失礼ながら途中退席をさせていただき、夜久野へ。
f0111128_00023533.jpg
綾部混声合唱団が、高齢者介護施設の夜久野グリーンビラで合唱ボランティアをするとのことで、バスパートが必要とのことで、急いで夜久野へ移動。午後2時20分到着。午後2時半からの合唱ステージに間に合った。
f0111128_00031072.jpg
約1時間 昔懐かしい曲を披露。お年寄りの皆さんに喜んでいただけたと思う。

とんぼ返りで、午後4時13分に自宅に到着。午後4時から青野町自治会の自治会費集金日。約15組程度に持参いただいた。10万円ばかり集金。
午後4時前に自宅に来られていた方もあったようで、留守にしていて、再度ご足労を願った。「選挙で忙しいので、集金日を忘れているのと違うか?」と厳しい指摘。決して忘れていません。遅刻してしまった。

それでも、午後7時までに該当している組長さんが持参いただき作業終了。




[PR]

by ando-ayabe | 2014-11-30 23:16 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23377738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 持続の宝 街宣 >>