あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

おもてなし

午前8時45分。議会事務局へ。
午前9時 長野県伊那市議会議会運営委員会の皆さんが綾部市を訪問。伊藤議長さんはじめ10名の皆さんが、前日綾部市に泊っていただき、朝、本市議会の議会改革、特に本市の「日曜議会」「議会報告会」「自由討議」について取り組み状況調査のためお越しになった。
 伊那市の人口は7万1千人で650平方キロメートルの都市。立派な都市。すべて綾部市の倍近い都市。議員定数も20名と人口に比較して少ない。意見交換でその点をを聞きすると、近隣の飯田市議会は、人口が10万人以上あるが、議員定数削減で23名にまで定数削減した関係もあり、本市議会は20名としたが、人口比でも少し削減のし過ぎではないかと思う。との話だった。綾部市が3万4千人で18名。8万人弱の舞鶴市議会は28名。
議会運営委員長も、「綾部市議会でも17期の市議会議員では、議員定数削減について検討を各会派に投げかけている。」と説明。議長就任時の諮問事項でもあり速やかに検討に入ってほしい。

前期までは私が説明してきたが、今期からは、波多野文義議運委員長が説明してもらえる。
午前11時半。庁舎前で皆さんと記念写真を撮影し特産館綾部を見学され、帰路につかれた。
13日には、愛知県碧南市議会が同じ内容で視察に来られる。また来週は、18日に、宮城県大崎市議会が定住サポート事業などで来訪がある。定住事業と議会改革の取り組みが先進都市のようで視察も多い。議長になってから2か月足らずだが、今日までに既に5自治体から視察にお越しいただいている。綾部市へのお客様として丁寧に「おもてなし」している。

 昼食後、午後0時半から、吉崎副議長と高倉議員と3人で、舞鶴市議会議員選挙候補者の事務所を表敬訪問。友好関係の会派の所属の議員候補5人を訪問。所変れば選挙の仕方も変わる。

田井まで車を走らせて午後5時半に帰宅。大変くたびれた。






[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23273136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2014-11-12 22:52 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)