積み重ね   

2014年 11月 11日

11月9日(日)
朝から雨が止むことなく降っている。どうして産業祭になると雨が降るのか?福知山の産業祭は、10月下旬開催でとても良い天気だったとか。

なぜ綾部の産業祭は11月第2日曜日に開催しているか。?これは長い歴史の積み重ねがある。40年くらい前かな、綾部市農林業振興祭は、市民センター競技場で開催していた。綾部物産展は別のところで開催していた。いつのころからか、農林業振興祭と物産展と消費生活展を市民センターで3つに区切って開催するようになった。ところが25年くらい前のある年。「野菜や漬物を売る祭りと、綾部の工業製品を展示するイベントと一緒には出来ない」と商工サイドが国・府の補助金をもらい、駅前の空き地(現綾部駅南駐車場付近)に大きなエアテントを張って独自で商工業フェアというイベントを開催し始めました。

そこで、農林業振興祭は「それなら生産者と消費者をつなぐ身近なイベントを再度企画しよう」と、場所を里町の中丹文化会館に移動し、久田山一帯で村自慢ストリートを作り「鯉こく」や「牛の丸焼き」「各地域の農産物加工品の販売」「木工教室」「丸太切競争」「餅つきぜんざいの接待」「コメ消費拡大」「ぽん菓子」「うどんなど模擬店」「大型農機具展示」「パトカー展示」、「農林産物品評会」、「お天気キャスターの講演会」など多彩な催しを消費生活展とタイアップして開催。すごい人出を博した。久田山から青野町の白瀬橋南詰めまで車が大渋滞するくらいの賑わいになった。

 一方駅前(現役南駐車場)で開催した物産展は,残念ながら人手もいまひとつで、国府の商工関係の補助金を使った割には評価が分かれるイベントになってしまった。(そりゃ食い物がある農林業振興祭の方が参加者には魅力があるのは見えていたのだが。)それでも3年間は独自で開催されたが、国府の補助金はそこで終了。金の切れ目が縁の切れ目。再度三者で共同開催をということになり、上杉のグラウンドに場所を移動し開催。数年後「工業団地フェア」と一緒にしようと4者で工業団地の公園で開催することになり、その後、西町に場所を変え現在の形態となった。上杉で開催しているときも工業団地で開催しているときも雨は良く降った記憶がある。
f0111128_09471429.jpg
これも積み重ね。農林業品評会を開催するには、11月中旬でないと農林産物への出品が少ないことから11月中旬に開催していたが、昨今「農林産物品評会」は開催されていないと思う。そうすると11月開催の意味はなくなってくる。

何事も積み重ね。長い歴史を紐解きつつ、場所・開催日程等、改善・改革も必要かもしれない。

日曜日は、朝8時から青野町二宮神社周辺を使って消防団綾部分団の秋の実火災想定訓練が開催されて、青野町自治会自主防災会も参加。見学。
f0111128_09441490.jpg
実火災想定訓練で、地域の皆さんも見学し、緊張感あふれる訓練だった。
f0111128_09455057.jpg
二宮神社は以前火災もあり、防火意識は高いが、このような訓練をこの場所でしてくれることは心強い限り。
f0111128_09460880.jpg
午前9時半からは、ITビルへ。午前10時から綾部市産業祭が開催され、開催式に出席。展示ブースを見ながら、午前10時40分会場を離れ、口上林「建田の金毘羅祭」へ。忠町の角山国男さん宅での祭礼。その後公会堂で昼食を頂戴。
f0111128_09464913.jpg
土井道夫さんや温井さん渡辺一成さん、川端貞夫さん、森林組合の塩尻史郎さん、大槻敏昭さんなど懐かしい方々とお出会いし、谷口市長時代の金毘羅さんの話に花が咲いた。
f0111128_09475131.jpg
午後1時 アスパA ホールへ。「京都おやじ・おふくろサミット㏌中丹(小島近代表)」へ出席。ご挨拶を述べさせていただいた。私自身。子ども見守り隊や放課後児童遊びの城に参加しているので、少し最近の子どもや保護者の状況についてお話しした。基調講演では、兵庫県児童虐待対応等アドバイザーの島田妙子さんの実体験を通しての虐待する側、される側の心理やご自身の半生をお聞きした。とても感動した。そしてもっと多くの方々に聞いてほしいと思った。
f0111128_09492341.jpg
tomokoさんの歌もとても感動した。
f0111128_09481200.jpg
島田妙子さんは、講演で、実父・継母から虐待・暴力・ネグレストを受け、学校の先生の助けによって養護施設に避難したこと。中学卒業後、働きながら学び、18歳で20歳年上の男性と結婚。夫の父母の介護をしながら3人の子育てと自身、会社の社長業をこなす生き様。心の動きなどを丁寧にお聞きした。また、虐待を加えていた父の自殺、助け合って暴力に耐えた3人兄弟の二番目の兄さんの病死を体験、また育てている子供の一人がパニック障害という状況の中で、子育ては大変だが、愛する子どもに自分と同じ思いをさせない。人間命に限りのあるもの、子育ても毎日の生活も大切に生きねばならないと訴えられた。感動の涙を頂戴した。
f0111128_09494729.jpg
午後3時半。途中退席し了圓寺へ。了圓寺青年部設立20周年記念式典と石碑の除幕式があり出席。午後6時からの祝賀会も出席し、今日の予定の5会場すべてこなし帰宅は午後9時。
f0111128_09501083.jpg


[PR]

by ando-ayabe | 2014-11-11 09:41 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23264453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< お手伝い 人権文化の創造へ >>