あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

無理せず継続すること

昨夜は特に用事もなく家でくつろぐ。ふと目にしたテレビ『素敵な選TAXI』という番組。
時間を戻す力がある不思議なタクシー運転手が人生の選択を誤った人々を手助けするという一話完結の物語だ。秋の番組改編で始まった新ドラマ。

最近では珍しいほのぼのとした番組。殺人事件やサクセスストーリーなど、似たり寄ったりの番組が多い中で、ひと時代前のスローリーながら、なぜかホッとする番組だったような。

このブログ。10月7日に書きこんでから1週間もサボっていたと改めて気づいて、選TAXIに時間を戻してほしくなった。

10月8日(水)から10日までの3日間はただひたすら、平成25年度の決算委員会に集中していた。
 「議長も委員会では議員の一人」と主張し、常任委員会から委員を辞任するというこれまでの申し合わせを打破して、総務教育建設委員会、予算決算委員会の常任委員会も委員の一人として議案審議に加わり各委員会に出席してきた。京都府の例も参考に予算決算委員会では極力発言を控えてきた。(10日の決算委員会で一件だけ質問したが。)

ようやく10日の夕方、平成25年度の決算審査をすべて終了し、あとは、意見調整と採決だけとなった。委員会日程は15日まであと2日間あるが台風19号の進路次第で、14日に予定通り再開して委員会を再開することになった。

 10日の夜は、7時30分から自治会と老人会、民生委員、自主防災会の4者で11月2日の綾部市総合防災訓練に参加する青野町自治会の避難誘導訓練について内容を協議。武道館に避難し、京都府の保健所が設置する福祉避難所の設営を見学することとなった。
f0111128_10503012.jpg
 自主防災会と民生委員、自治会などが継続的に協議を進めてきたことが、住民の防災意識の向上に役立っている。また実践訓練も地区に見合った手法で住民の防災意識を高めるための工夫を繰り返してきた。
 議会でもよく出されるが、自助、共助の分野での取り組みの脆弱さを克服するためには、各自治会で、青野町のように関係する組織の役員が、机上の協議と実践活動を交互に繰り返すこと。そして一気に進めるのではなく、地道に失敗を重ねつつ訓練を積み上げること。徐々に無理の無い行動を継続することが重要だ。

その意味では、モデル事業を取り組んで、少しづつ、中身を向上させることが大切だ。

10月11日(土)台風の影響はまだ出ていない。高校の恩師荒川直樹先生と仁田洋君、倉垣誠君とのいつもの同級生ゴルフに。午前7時20分。自宅出発し、福知山CCへ。

先生は80歳になられたと言っておられたが、全くそんなことは感じさせないくらい素晴らしいスイングと飛距離。スコアは平凡ながら、とても楽しい一日を過ごすことができた。

朝早くから回ったので、終了も早く、午後4時ごろから2時間ばかり、倉垣さんところで打ち上げ。
午後6時 二宮神社へ立ち寄る。今夜は宵宮 

       鎮守様 日暮れ迫りて 宮太鼓

10月12日(日)
朝、義弟から、特産館のテント建てを手伝ってくれとの電話。お易い御用と7時半、特産館綾部に。今日はお祭りなので、お茶席が催されるとのこと。テント2張りを立ててお役御免。

午前9時半から二宮神社の秋祭りのご奉仕。例年の通り子ども旗持ち行列の先導や交通整理。
言うことを聞かない子供たちをなだめすかして「え~いさ~ ちょ~いさ~」とハンドマイクで音頭を取り、子どもたちが復唱する。神輿が来るぞ~と触れ回って歩く。
f0111128_10473219.jpg
75歳になる隆夫さんも元気に綾部太鼓を鳴らしながら参加されている。祭りは、いくつになっても自身が参加して楽しむことが何よりだ。これほど、公然と道端でお酒を飲める行事はない。神と民衆が一体となって秋の収穫を祝う。神に感謝する祭り。
f0111128_10475270.jpg
今年は、ようやく完成した市役所前広場に4社の神輿が勢ぞろい。日ごろいろいろな仕事をしている人たちが一堂に会して神輿を息を合わせて担ぐ。素晴らしい行事だ。
f0111128_10481366.jpg
旗持ち隊を先導するのは骨が折れるが、どうにか午後3時。二宮神社に帰還。1万1千歩歩いた。
その後、特産館綾部のお茶席に立ち寄りお茶をいただいた。
一旦帰宅し、シャワーを浴びて、一寝入り。
午後6時。青野町の参加者の皆さんと二宮神社の境内で打ち上げ。午後9時後片付けをして帰宅。ようやく台風の雨風が始まったか。

10月13日(月)
台風19号が日本縦断するとの予報通り、台風襲来。しかし、900Hpの台風だったが、日本に近づくとともに衰え、近畿を通過する頃には、もう中心の目も崩れ、大きな被害もなく通過した。

朝から雨が断続的に降っていたため、終日自宅で、事務作業。案内名簿を整理し、お寺の平成27年度行事計画表を作成。夜は、台風通過で緊急呼び出しがあるかわからないので、アルコールも控え、早めに就寝。市役所では、大雨警報が出ているため職員が寝ずに待機している。本当にご苦労様だ。私も若いころにはそうしてきたことだが、大変さがよく理解できる。 
 明日の議会の決算委員会の開催について事務局次長と電話で協議。今後大きな被害が発生しないようなら、予定通り開催することを決定。各議員へ連絡をしてもらうよう依頼。

10月14日(火)
まだ大雨警報が解除されない。綾部小学校は休校に。なんでも、午前9時までに警報解除が無いようなら、給食の都合があり休校になるらしい。

午前9時半。決算審査委員会の意見調整と採決。
一般会計、後期高齢者医療特別会計、上水道会計の3会計は賛成多数で可決、その他は全員一致可決された。
委員会終了後、民政会の部屋で、来年3月の府議会議員選挙に関する協議。
午前11時半。了圓寺へ。平成27年度了圓寺の行事計画について御住職と日程協議。
午後1時。食堂で昼食後、東本町の方の民事の困りごとの相談対応。民事のトラブルにはなかなか立ち入れず行政的なアドバイスをするための調査をお約束。
午後2時 議会事務局へ戻り都市計画建築課、学校教育課から話を聞き、建設課へ電話で依頼。街路樹の伐採について、カーブミラー設置について。

午後2時半 建設課で常温合材を頂戴し石原町の市道のデコボコの補修に。障害を持つお爺さんの歩行用補助車が市道のデコボコで思うように動かないと苦情。市建設課の直ぐやる係の職員さんも忙しいので、これくらいのことは原材料を頂戴し地元対応しなければ。義弟が在宅だったので、一緒に出掛け、問題の市道をアスファルトで補修。豊里では、午前9時半までに警報解除の場合は登校だとか。この違い。各学校であるのかな?それぞれの事情は何か。
 給食の米飯が無くおかずだけの給食の日もあるというが。綾部中学校の午後登校というのも、桜が丘の子供たちは大変だろうな~。いろいろな変則ルール。このままで良いのかな?

午後3時半。帰宅。
午後4時半から家庭菜園へ、耕運機を自宅から畑へ移動。台風対策で片付けしていたが、日常の状態へ。小芋や生姜を収穫し帰宅。初めて栽培した生姜。うまくできた。
f0111128_10510067.jpg






















[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/23121712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2014-10-15 10:48 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)