更に充実 綾部市立病院

9月12日(金)
すっかり秋めいてきた。つるべ落とし。この期間の野菜栽培は、いかにタイミングよく、種をまくのかにかかっている。種まきが1週間遅れると、もう収穫時に期待できるような大きさになっていない場合もある。

13日がフリーだったので、畑の畝を作っておいた。今日のオフィシャルな行動開始まで2時間ある。
午前9時。家庭菜園へ出かけ、聖護院カブラと、聖護院大根の種を播種しておいた。

昨年は、種を播種して3日後、台風18号被害にあい、それでも泥の中から、大根の芽が出てきたことを思い出す。今年も同じ時期に種をまいた。

午前10時帰宅すると「JA丹のくに」の職員さんがお越しになる。白尾稲荷神社の火災保険の加入手続きなど。中道組合長の営業努力に敬服。

午前10時半。グンゼさんのご協力で増設されたゴミステーションを見て回る。吉田建設さんのご協力もあり、設置までしていただいた。
f0111128_11005836.jpg
新しい組15組は、入居が増えて既存のストックハウスが手狭になった。これから組の方々で、ペンキ塗りをしていただく。
f0111128_11025909.jpg
午前11時市役所へ。事務局と意見交換。災害対策の意見書提出について検討中。

12時過ぎ 食堂で昼食を済ませ、午後1時から1時間。9日に行った市議会会派代表者会議の続き。提案の趣旨をご理解いただいて新政会の方々の賛同を得るとともに、共産党会派も半分はご理解を頂戴した。残り1件は、議論を尽くしたが、見解が分かれ、時間切れとなった。あとは全員協議会での議論となった。

午後2時半。綾部市立病院の南病院棟の完成竣工式に出席。1階は、リハビリ室の充実。2階に看護婦詰所など。3~5階まで個室15室増築が完成。昨今、入院者のプライバシーのこともあり、個室を増やすことは時代の流れだと思う。私も1年前、1週間個室で過ごすことができた。多少個室料金はかかっても、個人のプライバシーは守られるし(いびきがすごいんで個室でないと同室の方に迷惑をかけるのです)ゆっくりと過ごすことができた。
f0111128_10565913.jpg
テープカットの後、南向きに面した個室や最上階の食堂などを見た。あやべを眺望できる食堂など環境は抜群。
f0111128_10573302.jpg
病室の前にはナースステーションも新たに整い、看護体制も充実。
f0111128_10572465.jpg
私の平成9年度からのライフワークでもあった、市立病院西側の市道、青野豊里線も工事着手間近となっている。2年後には、綾部駅から保健福祉センターや健康プラザ水夢と市立病院が連結し、健康福祉ゾーンとしての位置づけが明確になる。また、グンゼ西社宅も現在解体中で、そのエリアも、今後大いに開発の可能性が大きい。綾部のまちの大改造がいよいよ動き出す。
f0111128_10575361.jpg
午後3時半。保健福祉センターへ移動。聴覚障害者協会の方々から、「手話言語法制定への請願」を提出されるので、創政会・民政会・公明党の各議員で勉強会を開催した。1時間、聴覚障害の方々と手話を交えて意見交換が行われ、活発な意見交換となった。皆さんご理解をいただいたことと思う。ユニバーサルデザインの施設づくりの必要性を認識したし、継続して意識を持たねばならないと思った。
f0111128_10580251.jpg
午後5時市役所へ。議会事務局に携帯電話を忘れていたことに気がついて取りに帰る。
午後6時 井倉自治会長などと協議。幹線都市下水路流末となる古川樋門に常設ポンプを設置するため、行政や政治任せではなく市民も切実な声を上げようと、関係自治会などで整備促進協議会組織することを発起。内水問題は深刻。そこで、内水排水対策を中心に市民運動を盛り上げようと初会合の日程など調整。

午後9時帰宅。今日も市民の皆さんと一緒に働けたこと。感謝。

















[PR]

by ando-ayabe | 2014-09-12 23:29 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/22916019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 秋日和 鯰 >>