あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

やっぱり安全・安心こそが

いよいよ最終日。長いようで短い1週間。綾部・福知山での水害に始まり、広島市安佐北区の土砂災害の発生など、この1週間だけで、日本という国は、本当に自然災害の多い国だということを身に染みて感じる。

 お亡くなりになられた方に、心からお悔やみを申し上げます。また、ケガをされた方、被災された多くの方々にお見舞いを申し上げます。

生命・財産を守るという、基本的で一番大切な部分が、まだまだ不十分だ。と感じる。
これまで人々が長年の英知をもって安全対策を講じてきた「安全の基準」を大幅に超える降雨や土石流などの「水の力」に戸惑い、不安になり、自信を失っている。

時間雨量90mmや100mmという大雨が何時何処で発生するか判らない今日の気象情報。
科学技術が進歩し、宇宙からその想定が予測できるといっても、なおこの1週間のような被害と犠牲。

人間の英知で更に克服する努力をしなければ、多くのお亡くなりになられた方々の無念は晴れない。広島のような崩壊しやすい土壌の下での国の開発法制はこれで良かったのか。
河川の管理や築堤、洪水対策は非常時を想定しているのか。

対症療法ではなく、根治するまで基準の見直しや対策を行う必要がある。90mmの時間雨量に対応できる排水路断面はどれくらいになるのか。側溝の断面は無理としても、それなら、道路構造を排水路として利用できるような道路にするとか、排水ポンプの能力が限界を超えていたのなら、根本的に河川区域の範囲をさらに拡大し、河床の掘削を更に進め、大きな貯水能力を持たせるなど人間の英知で克服しなければならない。

そんなことを考えながら、選挙戦を戦ってきた。山から流れてくる清らかな川も一旦変化すると、人間の力では手が付けられない大蛇のようになってしまう。

昨夜は、青野町公会堂で最後の個人演説会。夜分お疲れのところを皆様のご参加。心から感謝申し上げます。
f0111128_06360012.jpg
あと1日。最後の訴えをしてまいります。
f0111128_06362895.jpg
我が家の銀造。投票権はないけれど、精いっぱい応援してくれています。
f0111128_06372643.jpg
頂戴した猫の置物にやきもち焼いているのかな~。それとも仲間が増えたと思っているか。居場所。できた感じ。

今朝も最後の訴えをしてまいります。今日は朝8時から山崎市長の応援を受けます。心強い限りです。(午前7時)









[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/22786145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2014-08-23 06:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)