あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

正々堂々

7月30日(木)
いやはや夏とはいえ、暑い暑いと口癖のように。
代車のセダンは、座高が低い自動車で運転しにくい。午前中、西町の文具店で、模造紙やノリ、ファイル、白い絵の具など必要な文具を購入。地元の商店街を大いに利用したい。
続いて、郵便局ではがき200枚を購入。
昼前に帰宅し、午後は、事務机の前で、入会の礼状を作成したり、事務作業に専念。

夜行動物のように動く。午後4時になると涼しくなる。青野町内の組長さんが、自治会費を持ってきてくださる。受付をして収納する。午後4時から7時まで15ほどの組長さんが来られる。34組あるが、その他の組は、1年、あるいは半年払込み。もうほとんど4月に収納したが、それでも、毎月10万円程度自治会費が入金になる。今月だけでも入町金だけで5戸。毎月のように世帯が増加したりアパートの転居・転入など異動する青野自治会。自治会の管理も大変。

午後7時ほとんど自治会費は収納。夕食後、合唱団「ブルーフィールド」の最後の練習。いよいよ8月2日の夕方の発表を待つばかり。夏の思い出、アンパンマンの歌、少年時代、ふるさとの4曲を歌う。練習では、完璧だが。

7月31日(木)
今朝も暑い。朝から、街宣車に乗せる看板を2階の軒先から下へ。4年間仕舞っておいた選挙関係のグッズを確認する。「あった~。タスキ。」選挙屋さんから購入しようと思っていたが、4年前に作ったタスキがあった。うちわも鉢巻も旗も書類関係もちゃんとしまっていたんだった。最近タスキをつけて、ご挨拶をしている政治家さんを見かけると。事前運動ではないのかと質問を受ける。そこは狡賢い。「名札」だそうだ。タスキはタスキだろう。私はそんな姑息なことはしたくない。「大和魂」と豪栄道が言っていた。「正々堂々」これも良い言葉だ。正々堂々論陣を張るのが政治家。一方で憲法解釈は。一方で公職選挙法解釈は。同じことでは?これをご都合主義という。
f0111128_20171616.jpg
だるまは、2個は不要。でも、記念にとっておこう。
金曜日には事務所設置。選挙用備品も持ち込まねば。

 綾部市民新聞から届いたアンケートや経歴・調査表を作成。市民新聞へ持参。家内の実家から軽トラを借りて、看板をタクシー会社へ。警察の許可を受ける支度をしてもらわねば。契約書類も併せてタクシー会社と印刷会社へ持参。1時半に作業終了。昼食後軽トラを返却し作業完了は2時半。そのあとは、自宅事務机で、後援会入会礼状を作成したり、午後5時から福知山へ。代車を返却し修理できたイプサムを取に行く。やっぱり自分の車が良い。もう10年乗っているが走行距離は75千キロ。まだまだいけるが、最近故障が気になる。スターターが故障したことなど初めて。昔マツダユーノス500で、前輪の油圧パイプシリンダー?が故障したことはあった。帰宅は午後6時半。夕食。午後7時過ぎ。32組の組長さんが自治会費を持参して見えた。今日からしばらく合唱練習は休み。
午後8時 各組から集金した自治会費を取りまとめる。



[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/22652136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2014-07-31 20:29 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)