まだ梅雨だった   

2014年 07月 13日

まだ梅雨だったのだ。スマホで天気図を見たら、いつの間にか梅雨前線 西にできていた。確かに前日の天気予報では「晴れは今日まで。明日からはしばらくぐづつくでしょう」と言っていたな~

その予報通りというか、朝目が覚めたら、しとしとと雨が。今日は午前中熊野神社の周辺老人会さんのご協力で、水無月大祭への除草作業や旗を立てなど準備の作業があった。
午前7時半。神社に行くと出口総代や出口孝樹宮司さんが、今日は外作業は中止で20日に延期になりました。との御触れ。

当番町区となっている川糸町の氏子は、それでも雨の中、旗立と神饌米の袋詰め作業を午前11時まで行う。
花火大会当日の準備や、露店の計画などお聞かせいただいた。相当厳しい露店計画となっているようで、以前から心配されていた緊急時の対応も確保されるようなことだった。狭い路地に露店が立ち並び夜店の客が肩をふれあってすれ違うこれまでの賑わいが少し変わるようだが、何事も安全には代えられないと思う。当日は、晴天で、花火が見られることを願いたい。

続いて、青野町自主防災会の消火栓へのペンキ塗り作業をと公会堂へ出向いたが、こちらも外作業は中止。緊急時連絡訓練はそれでも実施したようだ。

梅雨で予定の作業は、二つとも中止になってしまった。この分あと送りになってまた詰まってくる。梅雨が恨めしい。

午後は、選対本部役員会の開催通知発送や事務局長と市内を回る。同級生はありがたい。
[PR]

by ando-ayabe | 2014-07-13 23:30 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/22532247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 手話言語法制定へ 安心・自信・自由 >>