奇怪

6月30日(月)
午前6時に、家庭菜園へ出かける。わお~ナベちゃん来てる。
トウガラシやなすびを収穫し、6時40分帰宅し、朝食を済ませ子供見守りへ。大槻ポンプの西口さんへ公会堂の消火器2本注文。6日に、二宮神社祇園祭で、屋台をされるようなので、消火器を購入しておく。宮総代の要請にこたえる。火災予防条例施行後でもあり準備するに越したことはない。
f0111128_9574622.jpg

午前9時 市議会総務教育委員会で、味方町、鍛冶屋町の市道認定現場調査。
f0111128_957242.jpg

午前10時10分 委員会室で、総務教育建設委員会再開し議案審議。消防自動車の購入契約、消防指令台の購入契約、市税条例の一部改正、火災予防条例の一部改正。市税条例の一部改正のみ賛成多数で、ほかは全会一致可決
請願一件で、奇々怪々というか。共産党が提案している「福井地方裁判所の判断を支持し原発再稼働反対を国に求める請願」に、共産党の堀口、井田市議とともに新政会の久木、村上両市議が賛成し、委員会で多数決で請願採択が可決された。しかし、基本的に国への意見書提出は、委員会での全員一致の採決以外は委員会から意見書提案にならないので採択しただけのことではあるが。

4人の議員で相談し本会議へ意見書を提出されることだろう。それにしても、ベースロード電源も確保されていない中で、火力発電に依存する現状。当然現在の原油価格は、どんどん上昇し電気料金に転嫁される。そして経済的に厳しい世帯に負担のしわ寄せがいく。現在の電力料金制度をそのままにして原発稼働反対だなどということが市民の党の共産党がよく言えたものだ。太陽光発電ソーラー施設を自宅の屋根に上げることができない経済的に厳しい家に電気料金の負担がかかる現在の太陽光発電システム。庶民に電気料金のしわ寄せしてもそれより原発再稼働反対ですか?
国の審査会で厳しいチェックを受け、クリアした原子力発電所を稼働させることが、何が不都合なのだろうか。最終処分場がないから?それならこれまでからそうだったのに、どうして今更改めて反対するの?今年のエネルギー基本計画でも、ベースロード電源を原発に求めつつ、あらゆる発電機能の強化を図ることにしているし、最終処分場確保とともに、六ケ所村の再処理工場の強化を図ることにしている。

以前にも見解を表明したように、福島原発の問題は関係する地域住民の生活を根底から変えてしまった。そのことは十分留意しながら、それでも国の大きな流れを、流行病のような「原発反対」に罹り請願に賛成した新政会のお二人。理解して賛成されたのか後先考えてのことか?

午後3時帰宅。午後4時から午後7時まで、自治会費を集金。午後8時から6月分の自治会費を整理。
[PR]

by ando-ayabe | 2014-06-30 22:47 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/22441292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ほっとはあとショップ・あやべオープン 破天荒すぎる >>