地域の関わりを深めよう

2月13日(木)
相変わらずの天気。寒い朝♪
「北風吹きぬく~寒い朝も 心ひとつで~温かくなる~」吉永小百合だったかな?
小学5年生の時に、歌ったっけ。

朝、「あんどう新聞2月号」が届いて、さっそく折りの作業へ。今回は1500枚印刷した。さて、配布できるものか。
f0111128_01134508.jpg
午前10時40分。元自民党支部長だった大先輩の奥上林の渡辺さんが96歳で永眠され葬儀へ。四方八洲男さんが「弔辞」を読まれた。まさしく映画「永遠の0」の主人公ののような戦争体験をしておられたのだと感銘を受けた。ご冥福をお祈りします。

帰宅して昼食後、青野町内の道路側溝の改修箇所を市役所土木課長や担当者、自治会長と4人で、改修要望箇所の確認。寒いこと。約1時間町内を半見て回る。

 午後4時からボランティア総合センターで、里山ネット主催で3月8日に開催する「里山・災害セミナー」の事前相談。青野町自治会の「絆ボランティア」について説明をせよとの御下命。ちょうどその日は京都府PTA・OB会主催で平成14年度15年度PTA会長の上村真造さんの文科大臣表彰受賞記念祝賀会があるが欠席せざるを得ない。地元優先で。

 午後5時。帰宅し夕食。午後7時半綾部混声合唱団の練習。宮代コミセンへ。今年初めての歌の練習に参加。皆さんと楽しく合唱して午後9時半帰宅。

2月14日(金)
午前中は、事務作業。午前11時半。高倉議長の依頼を受け宮津へ向けてみぞれ交じりの中を出発。午後1時半から北部議員の代表との会議をして1時間。Uターン。午後3時過ぎ帰宅。関東で大雪が降っているようだ。宮津へ行ったら、意外と雪が無くむしろ綾部の方が積雪がある。今年の雪は、南の方が凄いようだ。井根町議会議員さんと与謝町議会議員さんが、今年は雪が少なく除雪費用が安く済んでいると言っておられた。
市内で買い物をして午後5時帰宅。

午後7時から綾部中学校へ。綾中同窓会役員会へ。同窓会の会計決算の承認と新年度事業について協議。来年度も「芝桜」の苗代を同窓会で負担することとなった。本年の卒業式は3月14日とのこと。学校の様子を聞いたり、地域の話など意見交換して午後8時半に解散。

 地域の支援が必要だと改めて強調。府北部で最大の大規模中学校(670人)平成27年度からは福知山高校で中高一貫教育がスタートする。学校を選択する時代になろう。学校の特色を生かして秀でた分野を伸ばす特色のある中学校づくりをして行けば少子化が進む中でも魅力ある学校作りが出来るのではないだろうか。
 例えば、陸上競技や吹奏楽など、日本一を目指す活動を行うことで、学業も伸びると思う。
 また地域の住民も、小学校の見守りだけではなく、中学校の生徒にも朝夕声をかけてあげることだと思う。いきいきとした地域社会で育つ子供はきっとまっすぐに成長するはず。










[PR]

by ando-ayabe | 2014-02-15 01:22 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/21426827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 政務調査活動 小西砂千夫先生招き議員研修会 >>