予算総括質疑   

2013年 12月 14日

12月12日(木)
12月市議会一般質問3日目
 朝から、井田佳代子議員、私、木下芳信議員、最後は搗頭久美子議員の4人が質問をした。私の質問は前日のブログに貼り付けた通りの予定だったが、災害関係の質疑が重複が多く、質問に困ってあわてた。現行通りにはいかないものだ。
答弁の要旨が13日の京都新聞地方版に掲載された。
内容は「台風18号の避難通報の発令は、従来は、避難準備情報→避難指示の2段階だけであったが、今後は、全国で行われている通り、避難準備情報→避難勧告→避難指示の3段階に改めることとなった。また、避難場所についても、今後はルール通り「水害避難場所」を基本として避難所を開設する」こととなった。
 河川の土砂の撤去は、今後10年間で、私市地区より下流で河川整備を行い。その後、上流まで行うとの国の方針について答弁があった。
 内水に対しては、課題も多く。今後の検討事項となる。
 
 午後3時に質疑終了。市役所近くの床屋さんで散髪し浮世床に。その後自民党事務所→青野事務所を回って帰宅。八重乃さんから「頑張れや」が届いていたので、お返しに我が家庭菜園で採れた、白菜、カブラ、丸大根を届ける。
 午後7時から「山崎ぜんや後援会青野町町区幹事会議」を支部長が段取りしてくださったので公会堂へ。チラシや入会申込書を組毎に分け、色々意見交換して解散。午後9時。

12月13日(金)
今日は、市議会は予算委員会総括質疑。11人が質問通告。舞鶴市議会から3人の議員さんが傍聴に来られていた。舞鶴市議会では予算委員会総括質疑は無いとのことで様子を観に来られたのだろう。私は次の質問通告。
○クリーンセンターの悪臭について

・9月議会でクリーンセンターの臭気対策について質問をしたが、施設の臭気の原因と対策は。

・水分比率を上げるために「雑紙」の分別収集で資源化を検討しては。

○指定管理者制度について

・清山荘の利用者数の推移は

・施設が手狭になっているのでは。総合的な改造を検討するべきでは。

・健康年齢引き上げや、介護保険料の抑制に貢献している清山荘の事業をどのように評価しているか

午後3時に総括質疑は終了。






[PR]

by ando-ayabe | 2013-12-14 01:39 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/21081749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 60年の重み 12月議会一般質問 >>