行楽日和   

2013年 11月 23日

誰の精進が良いのか。最高の天気に恵まれた。
11月23日土曜日
毎年恒例の了円寺青年部秋の研修旅行。今年は当番が私となったので、8月頃から種清君に企画を依頼して、今日を迎えた。参加者は20名と少し少人数になったが、アットホームでとても楽しい旅となった。これは企画が良かったからにほかならない。
f0111128_22364051.jpg
今年の旅は、淡路島・線香作りにチャレンジ~明石魚の棚商店街見学の旅。

明石海峡大橋を渡り、淡路島の薫寿堂の工場見学とMY香作り体験。
f0111128_22372676.jpg
淡路島は、日本の線香生産量の日本一で、国内生産の6~7割を淡路島で作っている。こんなことあまり知られていないようだ。
f0111128_22380583.jpg
何度も淡路島へ観光で出かける人はいるが、線香作り体験は初めてのようだった。童心に帰って、MY香作りに没頭。
f0111128_22382215.jpg
お腹がすいたところで、魚繁さんと言う料理屋さんで、瀬戸内の魚料理を満喫。
f0111128_22385899.jpg
そのあとは、淡路島岩屋港からジェノバライン高速艇で、明石へ。道路が整備されて、船運は激減したそうだが、たこフェリーもこの岩屋港から出向していたようだ。
f0111128_22400522.jpg
海から明石海峡大橋を観るのもいいもんだ。15分の船旅も織り交ぜて、とてもバリエーションに富んだコースだった。明石海峡大橋の写真 最高だ~
f0111128_22394081.jpg
明石港で下船し、徒歩で明石一の商店街「魚の棚商店街」へ。明石焼きの元祖、アナゴ焼き、明石ダコ、明石鯛、など明石の特産品を販売する店舗がぎっしり。
f0111128_22403849.jpg

こんな人ゴミの商店街は東京以外では観たことが無い。凄い人。昔西町商店街もこんなだったな~と懐かしんだ。(写真では少ないように見えるが、実際は本当にまっすぐ歩くのが大変だった。)
f0111128_22402627.jpg
  午後3時40分。すべての行程を終えて帰路。帰路の高速道路で運転手さんが気を聞かせてくれて、山陽道ではなく阪神高速から六甲北有料道路を選択してくれたが、かえって道路が混雑していて急遽山陽道へ乗り換えることに。渋滞に巻き込まれ、30分遅れて綾部に到着。でも、とても気さくな気配りたっぷりの運転手さん。運転手さんはぶっきらぼうが定番だが、お客さんを一日楽しませようといろいろ気配りの日交バスの中島運転手さん。最高でした。

帰宅は午後6時半。急いで夕食を済ませ、自治会役員会へ。課題事項や協議事項を協議。後半の行事計画や決算見通し等を説明。午後8時半終了。くたびれていたので、皆さん早々に解散。



[PR]

by ando-ayabe | 2013-11-23 22:46 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20947118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 「貧者の一灯」の活動を更に広げよう 初子展 >>