あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

潜航

暫く潜ってました。月曜日から、今日は金曜日か。
5日分の行動日誌。書けないこともたくさんある。何せ潜航していたもので。もぐっている間は、色々なことをしていた。

いよいよ、市長選挙も来年1月ともなると、潜ったり浮上したりの毎日。
多くの思いがつもってくるので、調整したり、お話を聞かせていただいたり、アドバイスを頂戴したり、なんとか、16日あやべ太陽の会役員総会の準備が整った。

14日には、議会運営委員会で議員研修会の開催案の説明。意見交換や議会基本条例第8条に基づく予算説明資料の書式の変更(改革)説明をしたり、本市内で大規模災害発生時の「議員の行動規範」を定めることとなり、その内容について検討をした。
 議員研修会は、来年2月12日に関西学院大学経済学部教授の小西砂千夫先生をお招きして、北部の諸都市の議員さんもご案内して議員研修を開催する。
地方自治専門の先生で、京都府が進める「今後の高齢化・人口減少社会における府・市町村のあり方研究会」の座長をしておられる。
綾部市のみならず多くの自治体で、迫りくる少子高齢化への対応が迫られている。今回先生をお招きするのは、京都府北部の調査をされた報告書のお話しも織り交ぜながら、「「高齢化・人口減少の課題と広域連携のあり方」をテーマに講演いただく。先生は「自治日報」で承知をしており、先生の研究テーマの一つがお聞きしたいと考えたからにほかならない。多くの自治体関係者議員に聞いていただきたい内容だけに感慨ひとしおだ。

午後5時に会議は終了。呉越同舟。みんなで久しぶりに懇親会。議会運営委員会は会派も異なり主義主張も異なるが、議会の円滑な運営と言う一点では共有できる。そこで、意思疎通を図るためにも懇親会を不定期だが機を見て開催している。楽しく交流が出来た。

それにしても、懇親会の欠席は、自分たちのお金での会費制だから仕方が無いにしても、議会運営委員会と言う公務に届も出さずに無断欠席する議員がいるということことはもってのほかだ。

それほど議会運営委員会を重要視していないのなら、そのような会派には議会運営委員会の席を返上して貰ったらどうかと思う。

市民から負託を受けて就任している議員。どのような事情があったのか判らないが、連絡もせずに無断欠席は、特別公務員としての議員としての自覚に欠けるものだ。議員の資質が問われよう。




[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20854539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2013-11-15 15:41 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)