京都府合唱連盟50年の年輪

今日は、荒れた天候になると気象予報が。「綾部市産業まつり」の開催日。
朝7時から家内を送って産業まつりのお茶席の会場準備に西町へ。いったん帰宅し、午前8時半に中丹文化会館へ。
今日は「京都合唱連盟創立50周年記念事業で、中丹文化会館で、「京都合唱祭北部会場」と銘打って合唱祭が開催される。
f0111128_01502143.jpg
綾部混声合唱団のベースパートマネージャーと言う役柄でもあり、役員は会場準備で早く集合がかかっている。当初は、産業まつりや、食育フォーラム、建田の金毘羅祭に参加したかったが、10年に1回の中丹文化会館での京都合唱祭の開催でもあり、今年だけは市行事に参加せず、合唱祭のスタッフとして働くことにする。
f0111128_01364223.jpg

午前11時には、京都から大型バスが7台が到着し続々と合唱団人の皆さんが会場へ。京都市内の合唱団をお迎えする。
f0111128_01381654.jpg
午後1時から、合唱が始まった。会場はほぼ満員。出場団体は
①京丹波町立和知中学校合唱部(京丹波町)
②久我の森少年少女合唱団(京都市)
③NHK京都文化センター女声コーラス(京都市)
④京都男声合唱団(京都市)
⑤木星会合唱団(舞鶴市)
⑥女声コーラスあか色が好き(京都市)
⑦メリーゴーランド(綾部市)
⑧河鹿合唱団(南丹市)
⑨合唱団京都エコー(京都市)
⑩京都聖母学院中学校コーラス部・京都聖母学院高等学校コーラス部(京都市)
⑪綾部混声合唱団(綾部市)
⑫混声合唱団紫野(京都市)
⑬石川混声合唱団(与謝野町)
⑭民謡合唱団「篝」(京都市)
⑮フラワー・コーラス(京都市)
⑯混声合唱団京都木曜会(京都市)
⑰福知山混声合唱団(福知山市)
最後は、会場全員で「大地讃頌」の大合唱で感動の閉幕だった。

午後5時前に交流会には参加せず帰らせていただいて、月曜日の青野町合唱団「ブルーフィールド」の合唱練習の電子ピアノをKさん宅へ。「よかったな~感動した」と奥様におっしゃっていただいた。京都合唱祭にお越しになっていたようだ。
f0111128_01390037.jpg
それにしても、やはり京都市内の合唱団はどこも素晴らしい。踊りも入れてとても楽しいコーラスショーを観ているようだった。
f0111128_01392400.jpg
そして上手なところは、会場の参加者にも親しめる歌をチョイスして歌っておられたのが特徴だった。今回の合唱団で一番は「京都エコー」だと思うが、美空ひばりの「川の流れのように」を合唱で素晴らしいハーモニーで聴かせてくださった。京都木曜会の「歌声を世界に」は手話を織り交ぜながら割合平易なメロディで、会場の参加者も手話をして会場が一体になった。また、フラワーコーラスは、「くるみ割り人形の主題によるジングルベル」と言う合唱で、全員が人形の格好をして人形の動きをするようにミュージカルを観ているようだった。

家内は合唱の素人だから率直に批評をしてくれる。「往々にして合唱団の歌は、専門的過ぎて参加者はあまり楽しくない」と言う。「自己満足」だと批判されもする。もっと参加者にも判る平易な曲を選曲して、ハーモニーを合わせ歌うこともこれからは考えねばと思う。
 今テレビで評判になりつつある「フォレスタ」と言う合唱グループは、日本の歌曲を素晴らしいハーモニーで歌いあげる。「富士山」「青い山脈」「埴生の宿」「荒城の月」「手毬」などの唱歌や日本の歌曲を歌う。
 
 私の所属している団は、私のみならず多くのメンバーが高齢化しつつあり微妙な音階の歌などを歌うのも、難しくなってきている。(耳が高齢化して聞き分けが難しくなっているのだろう)







[PR]

by ando-ayabe | 2013-11-11 01:40 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20817874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 潜航 聞く・話す >>