秋の天気   

2013年 11月 03日

文化の日 秋は沢山の行事が開催される。収穫祭とも言える、地域の絆を深めるにはとても良い時期です。
しかし秋の天気は変わりやすく困ったものでもあります。

午前10時半。私市円山古墳公園で開催されている古墳祭りに家内と参加。家内の実家の佐賀地区は綾部市に合併したのが昭和35年と綾部市最後の市町合併をしたこともあり、豊里地区内にあるけれども、佐賀地区の結束は結構固い。
f0111128_1091064.jpg

私市・小貝・湯殿・石原の各町区が、それぞれブースを設営し、豊里地区商工繁栄会と一緒に秋のイベントを開催する。私市円山古墳が完成して以降、古墳を中心に地域活性化事業を始められた。市教委も協力し、終日イベントが繰り広げられる。
f0111128_1092974.jpg

例年より早く出かけたがもう駐車場がいっぱい。例年のとおり、商工繁栄会の巻き寿司、山菜うどん、石原ちろりん弁当、湯殿の焼きそば、小貝のおでん。私市の焼き餅、例年の事でも、このイベントに来たら、これだけは頂戴しなければと、毎年購入している。
f0111128_1095298.jpg

姪のかわいい子どもが西宮から綾部へUターン。
f0111128_1010272.jpg

急に雨が降ってきたので、12時前に会場を後にした。
f0111128_10105873.jpg

その足で、市民センターの綾部市文化祭へ。沢山の市民の皆さんが日ごろの文化芸術活動の成果を展示されている。子どもたちの作文ポスター絵画をはじめ、趣味の会の皆さんたちによる絵画・華道・書道・盆栽・石・写真などなどたくさん出品展示されていた。また表千家によるお茶席も。最後までゆっくり観る時間が無くなってしまった。後ろ髪を引かれる思いで市民センターを後に。
f0111128_10101995.jpg
午後1時からは、男前の写真撮影に付き合い。その足で男前と作戦会議。午後3時から中丹文化会館へ。文化のまち綾部にふさわしい、とても嬉しい企画を1年後に開催することとなりそうだ。頼もしい別の男前と一緒に計画について館長と協議。

午後4時。同級生のN田君とK垣君が、久しぶりに懇親をとお誘い。N田君宅を訪問。午後7時まで意見交換。N田君のお兄さんや親せきが同時に「瑞宝重光章」という叙勲を受けられたとか。素晴らしい綾部の応援団が東京で活躍しておられる。ありがたいことだ。

そんな話をしていたら、巨人ファンのN田君。レッドソックス(元巨人エース)の上原浩二投手の父母が綾部出身だと言うことを知らなかったようだ。このたび立地が決定した東海ゴム工業の西村社長が綾部出身だとか、意外と知られていない綾部人脈をもっと知ってもらう方法ってないのかな~。

夜には本降りになってしまった。明日の自民党グラウンドゴルフが心配だ。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-11-03 23:30 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20763225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 天気回り 秋の京都へ >>