秋の京都へ

文化の秋。1日は「古典の日」日本ほど歴史や伝統が維持できている国は無いのではないだろうか。島国根性と揶揄されもするが、良いところはいつまでも信頼関係の中で残していきたいもの。

昨今の議論で、秘密保護法に関して、一部の人々の主張を聞くと、かつての戦前に戻るとか、国民の知る権利の剥奪だとか。声高に叫んでおられる。何事もそうだけれど、現状を変えるとなると特に抵抗する人々。保守勢力と自民党などを批判されるが、むしろ彼らこそ保守派。常に新たな改革に対して悲観論的に捉える。時代も人間ももう60年前とは異なっているし進歩もしているのに、相変わらず、現状を侵害された被害者意識で物事を観ている。しかし、思っていたほどではなかった時には、「何事もなかった」かのように当然にその権利を受け、それが現状になり、今度はそれを改革するとなると抵抗する。我が綾部でも同様で、後期高齢者医療保険制度でも、地方税機構の問題でも、何でもかんでも現状を変えることに反対し、一旦変わってしまうと、それが既得権になり今度はそれを変えることに反対する。

進歩と言う文字が無いのだろう。中国共産党のイスラム世界への弾圧にしたって、同じ共産主義権力が行っていることには他国の事で自分たちとは関係が無いように思っている。根っこは一緒だ。自由を迫害し、人民を搾取するための一党独裁。無理な国民を中華思想に洗脳している。中国に報道・政治活動の自由はあるのか?中国に人権はあるのか?。日本人は、歴史的にも文化的・政治的に民主主義が確立されていた。ガバナンスに問題のあった時期もあるが、概ね日本人はバランス感覚を持っている。2千年にわたって為政者は民を思い、庶民も政治を時の為政者にゆだねてきた。そして日本の歴史を築いてきた。

午前9時過ぎに綾部中学校へ。今日は、綾部中学校の文化祭。少しの時間でも出席して子どもたちの合唱・ブラスバンドなど日ごろの練習の成果を観てあげたい。と思い、出かけた。

会場は、保護者や公民館の運営委員さん、教育委員長、そして「絆ルーム」の赤井さんなど、沢山の大人が、子どもたちの成長ぶりを観ようと来場されていた。

ブラスバンド部と合唱部、各学年1位となったクラスの合唱発表を聞いた。とてもうまくハーモニーがとれていて、素晴らしい。

10時半に休憩が入ったので、退席し、京都へ車で移動。今日は京都市内は秋の観光シーズンで混雑し駐車場は無いと読んで、JR園部駅まで車で行き駅前の駐車場に車を止め、電車で目的地の都メッセ(京都市勧業館)へ。

今日は、同時刻に綾部高等学校創立120周年記念式典と祝賀会が開催されたが、京都行きを優先することとなり創立記念式典など一連の綾校行事を欠席。

JR二条駅から地下鉄東西線を乗り継いで、都メッセに着いたのは午後1時10分。10分遅刻。
「自民党京都府支部連合会政経文化懇談会」に出席。綾部からも参加者もあり、会場は約2000人以上の来場者。約1時間NPO法人岡崎研究所所長の岡崎久彦先生の時局講演会があった。中国情勢、日本版NSCの問題。秘密保護法の件など、分析され的確な話をされていた。岡崎氏は、元外務省の各国大使を歴任されている。安倍内閣になってようやく日本の独立を守るための必要なことをが決まりかけた。と。
f0111128_23353330.jpg

午後2時30分からは、隣の会場で、懇親パーティー。山田知事や門川京都市長、立石商工連盟代表の来賓挨拶と、谷垣法務大臣、伊吹衆議院議長、西田府連会長の挨拶が続き、大蔵酒造の会長の乾杯音頭で懇親会が始まった。
山田知事は、挨拶の中で、東海ゴム工業の綾部工業団地立地決定に触れて、アベノミクス効果が徐々に表れつつあると賛辞を述べ、自民党の引き続く経済対策への期待を話された。また台風18号時の谷垣大臣をはじめ自民党国会議員の即刻の対応に感謝されていた。
f0111128_2335583.jpg

途中から綾部から急いで四方府議も到着。綾部の皆さんとテーブルを一緒にして、意見交換をした。
f0111128_23361572.jpg

谷垣議員を始め国会議員はテーブルを回って挨拶。
f0111128_23394450.jpg

地下鉄東西線へ。疏水の木々も紅葉。やはり京都はどの季節も美しい。千年の古都。日本人の心の首都。京都を大切に(伊吹議長の挨拶から)
f0111128_23384594.jpg

買い物に来ていた家内と一緒に駅前の和食店(美々卯)で夕食を食べ、午後5時半の快速で園部へ。園部から車で帰宅。午後7時半着。行楽シーズンはこの方法も良い。ガソリン代・駐車代・高速料は節約できるし時間的にも余り変わらない。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-11-02 23:40 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20750478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 秋の天気 政務活動費調査 >>