植物の力

綾部市が全国に先駆けて、世界連邦都市宣言を行った日10月14日を「平和と環境の日」と定めたのは、平成7年。今年で、18年目。18年前を思い出すと、当時私は、綾部市の企画課の主幹として、財団法人綾部市みどり公社へ出向し、みどり公社業務課長として、由良川花壇展・菊花展の開催や都市公園の緑化管理などの業務を担っていた。まだみどり公社もできて3年目。

当時の企画総務部長から電話で、予算措置をしていないけれど、既決予算で「平和と環境の日のイベントを計画してくれないか」と電話を受けた。

予算が無くても、創り出すことは割合得意だったので工夫をして事業をはじめた。さて何をしよう。由良川花壇展の仮設花壇の後には何も栽培されていなかった。跡地にコスモスを撒いて、花いっぱいにしたらどうだろうか。と始めた。
f0111128_9274113.jpg

由良川花庭園の発想は当時の谷口昭二市長が、大阪鶴見緑地で開催された、「花博覧会」の徳島県池田町のブースで観た「バーベナテネラ」という当時珍しかった花を見て、綾部も花と緑のあふれる街にしようとの思いを抱かれ、由良川花庭園をバーベナテネラの花庭園にしようと思われたのが始まりだったと思う。

18年続く「平和と環境の日」色々趣向は変わってコスモスまつりが今年どうなるのか判明しないが、由良川白瀬橋下流には、18号の洪水にも負けずに育ったコスモスが咲いている。

花の力はというか植物の生命力はすごいと思う。

今日はそんな話を。

ということで、午前中日曜日のボランティア活動の準備を済ませ、午後1時。自転車でグンゼ集蔵へ。
ミニ盆栽の会の瀬崎さんからご案内をいただいた。これこそ生命の営みのような盆栽の数々。小さな器に育つ植物が大きな世界を創り出す。素晴らしい作品の数々。私も、ひと仕事を終えたら、是非チャレンジしてみたい趣味の世界。
f0111128_905961.jpg

「松ぼっくり」から育つ松の苗。これは本当にすごい。の一言
f0111128_914636.jpg

f0111128_92834.jpg

その他にも小さな器の中に大きな世界観を堪能して次の会場へ。
午後1時半からアスパホールで開催されている「地球市民の集い」へ。途中で、藤崎さんに出合ったのでお誘いしてアスパへ
f0111128_9212182.jpg

22回も開催されている世界連邦推進綾部小中学生ポスター・作文コンクール。
今年も素晴らしい作文やポスターが披露された。子供のひと時でも良いので、地球環境や世界の平和について考える力をつけてくれることはとても良いことだ。
f0111128_9213920.jpg

 少し開会時間に遅れた。作文発表の途中で会場へ着いた。会場参加者はやや少ない。無理やり動員をかけるかつての取り組みから自主的参加を促す今日の取り組みは良し。と言ってもリーダーたる議員や招待の方・主催者は少なくとも参加をしてほしいとも思う。そして市民的広がりが大切な取り組みなのであれば、なおさら主旨を広く知らせ、参加を促す取り組みも必要なのではないだろうか。
議会は、世界連邦宣言を昭和25年に宣言した張本人。議会もシッカリそのことを認識し、議会で、声かけをするとか提案をするとかしなければなるまい。
f0111128_924134.jpg

記念講演では、アンネのバラを栽培し日本各地へ世界各国へ苗木を送り続ける東八田の山室憲治さんの話を興味を持って聞いた。「平和の祈りアンネのバラに託して」と題した講演。特に、最後のくだりで、「先頃の台風18号で、由良川花庭園に咲いていたアンネのバラの苗木6本が、あの洪水にも負けず根を張り流されることなく、今シッカリと咲いている。」との話。当時由良川花庭園は水没し、花壇の多くの苗木が流れた。仮設の由良川花壇展の木枠もすべて流失した。そんな中、バラの苗木だけが、シッカリと根を張り水の流れに抗して生き残った。また、バラを楽しむ3度の方法をご紹介され、①現物を楽しむ②写真に撮影し楽しむ③シリカゲルの中に入れて保存して楽しむと言う方法を話された。シリカゲルビン詰めの保存方法は興味があった。
「地球市民の集い」の終了後、由良川花庭園へ。
f0111128_9175365.jpg
今由良川花庭園は、再整備されている工事中の最中だったが、アンネのバラは生き残っていた。そして可憐な花を咲かせていた。
帰りには、アンネのバラを栽培されている家の近くのキリスト教会で再度バラの花を観賞。
f0111128_9264044.jpg
アンネフランクの思いを新たにした。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-10-19 23:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20643289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 絆ボランティア青野 防災考 >>