まだ残暑~(汗)

まるで、8月下旬の朝のラジオ体操の時のようだ。

朝からぎらぎらと強い日差し。何時もなら、朝霧が立ち10時くらいまではお日様が見えないのだが。

これが10月上旬?しかし雨が降るよりは良い。

綾部地区体育レクリエーション大会が市民グラウンドで開催された。運営委員長でもある私は、午前8時に会場へ。午前9時から開会。約500人の市民が健脚コースと一般コースに分かれて、健康ウオーキングを。
f0111128_8105163.jpg

私は一般コースのアンカー。皆さんに台風の爪痕の説明をしながらウオーキングした。いつも青野町側から由良川を観ていたが、今回は味方町側からも見ることができた。
f0111128_8111610.jpg

特に河川の土砂の堆積がひどい。綾部井堰の下流は特に膨大な土砂が堆積している。昔は、川砂利採取をしていたので、それなりに河床も深みが出来たりしていたが、今は川砂利採取もなく。(禁止になったのか)河の何処を観ても、河床が上がって、水深は浅い状態になっている。
f0111128_8114311.jpg

ひどいところでは、2m近く土砂が堆積し(綾部井堰下流)、川幅も狭くなり(所謂「ましり」付近)、これで大量の水を一気に放流すれば、当然表面水が増加し、高水位となるのは目に見えている。

大体、堤防の危険水位とされる5.3mや堤防が満水となる8.3mというのは何処から測定しているのかさえ市民には判らない。

国土交通省は、もっと日常の河川管理を徹底するべきだ。今回の洪水で、場所によっては、川岸と中島が地続きになってしまったところもある。

河川内には雑木どころか、大きな木に育ち洪水時の支障木となっている。自治体には、仮設グラウンドの構造物の撤去訓練を何十万円かけて実施させておきながら、本来の管理者がしなければならない支障木の撤去伐採や土砂堆積の除去もしていない。

せめて、ブルドーザーでも入れて、土砂を均平にするとか(それでも今の状態では、一旦土砂を撤去する必要があるが)。何らかの河床改善をするべきだろう。

ということで、アンカーの私は、途中で皆さんと色々な話をしながら、味方町を回って綾部大橋を渡って市民グラウンドへ帰ってきた。
f0111128_815330.jpg

「味方畑会」の皆さんにはサツマイモをたくさん作ってくださって今日の記念品になった。いつも感謝です。
f0111128_8175961.jpg

ウオーキングの道中には石の地蔵群があったりと歴史ウオーキングも良いものだ。
f0111128_815237.jpg

グラウンドではニュースポーツを楽しむ市民もあり、楽しい2時間余りの行事だった。
f0111128_8154890.jpg

お昼前に片付けも済んで解散。暑さでくたくたになり、午後はぐったり。NHKで珍しく昼からゴルフ中継。日本女子プロゴルフ選手権を観てしまった。宮崎美香の単独優勝をかけた18番7mの超ロングパットに感激した。さすがプロ根性だ。前半から決められず5打差を追い抜かれ、普通なら崩れてしまうところを、精神力で、勝つ当たり、凄いな~の一言。23歳に教えられた感。

午後5時家庭菜園へ出かけ、間引き作業。白菜、大根、カブラも順調に生育している。ホウレンソウと長大根の種をまく。

家内は4日から今日まで社員旅行。で最後の一日は、一人ご飯を作る。
f0111128_8161082.jpg

「小菊カボチャ」を井倉の方から頂戴したので煮付けて、我が家の家庭菜園で洪水で冠水したけれども、それにも負けずに育った「秋茄子」を焼いて、大好物の水菜とトマト、オニオン、ベーコン、サーモンのイタリアドレッシングサラダを作る。前日、佐々木酒店の奥様にチョイスしていただいたフランス産白ワインを飲む。すごくマイルドで口当たりの良いワインだった。素人の私でも味わえる1800円はお得。

午後8時家内は帰宅。楽しい社員旅行の話を聞かせてくれた。土産は、銀座松屋で買ったとか。冬物マフラーとハンドメイドハンカチと東京バナナ(これは定番)。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-10-06 23:23 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20526447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 台風24号の不安 ジョイコン >>