一歩一歩   

2013年 09月 19日

9月19日(木)
秋晴れが続く。水害で被災された市民の皆さん、そして、近隣にお住まいの方々。心からお見舞お申し上げます。

家内の栗町の工場も1m近く冠水し、製品となる紙材が水に浸かってしまったようで、罹災証明を取得したり、かたずけやらで、連日帰りが遅い。

いずれも内水で工場内が浸水したようだ。

今日は、午前中から予算委員会で、一般会計や農林業者労働災害共済、国保、介護保険などの各会計の9月補正予算を審議した。

今9月議会の主なものは、青野町グンゼバラ園内に建設される「観光交流施設」の建設費の補正予算が多くを占めている。11月着工で、来年度中に完成させ、春のバラ祭りからオープンしたいとの話。

面積こそ300㎡とはいえ、建設後の運営などこれから設置及び管理に関する条例の制定など、オープンまでは大変だろうと思う。指定管理者と言うことで、公共施設を何処かの団地に管理委託し、所期の目的を達成しようとの計画。最初から大きなものをアドバルーンで打ち上げるよりも、『身の丈』にあったあやべの街らしい、観光交流が出来る施設として運営者のアイデアに期待したい。

その他、保育園従業者の処遇改善補助金などの計上もあり、安倍政権になって有言実行。着実な歩みを進んでもらっている。「政治の安定」こそ、国民は安心して生業に励むことができる。

自由だ民主主義だ政治主導だ、官僚制度打破だと言って日本の大きな発展のうねりを止めてしまった点もある。ここはもう一度、それぞれが果たせる役割のもとで、再度の経済再生で雇用賃金の確保を図りたいものだ。

午前9時半に開会したが、1時間程度で委員会は終了した。
f0111128_0433610.jpg

委員会を終了し、諸々の用事を済ませ、昨年度予算をお願いし、本年度事業実施された箇所を見て回る。天神町のバリケードはとても良くなった。錆ついて危険なガードレールだったが、綾部の玄関口にふさわしいものが出来た。

また、西町3丁目アスパとストックの間の市道を縦横無尽に横断していた買い物家族さん。これからは、交通ルールを守って横断いただくことを期待したい。
f0111128_044064.jpg

どちらも街中の景観形成にとっては、素晴らしいものが出来たと思う。これからも、アイディアを出して観光交流が盛んなまちを目指そう。

この施設も、長年の工事を要したが、美しい防音壁が出来た。
f0111128_22204747.jpg

一歩一歩着実に出来るところから、改善や改良を重ねていくことで、あやべの街はもっともっと良くなる。
大きな事業計画を提案することも大切だが、その一方で、今出来る小さな改善改革の提案を行うことも忘れてはならないと思う。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-09-19 23:50 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20423553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 防災基本条例への歩み 台風一過 >>