雨が小粒の真珠なら

それにしてもよく降る。
9月2日。
議会運営委員会で、9月3日からの日程協議。その前に、子ども見守り隊で、二の宮神社へ。一応会議に出れる服装で(ただし足はゴム長靴)出かけた。子どもたちを待っている間にも、傘にはぼたぼた雨が降りかかる。

もう、通学路の合流地点の旧若草寮前の交差点につくころには、ドボドボ。たった200mで長靴にまで水が入った。子どもたちもずぶぬれ。登校を見合わせようかとも考えたが、警報はまだ出されていない。一応登校させたが、きっと濡れていることだろう。

子どもを送って、集合場所の二宮神社へ戻り、軽自動車で自宅まで引き返し、衣服下着靴下までずぶぬれ。全部着替える。

頭も乾かして(頭の毛は薄いが一応)、再度午前9時前に議会へ。その頃には少し小降りになっていたが。事務局長に聞くと、時間雨量40mmとか。
議運委は9時半から10時半まで。3日目と10日11日の議会日程協議。市長から任期満了による教育委員と固定資産評価委員の各一名の専任同意について提案説明。

9月議会から本会議場と委員会室に水、お茶の持ち込みを認める傍聴規則・委員会規則の改正について協議。了解を得る。

その後、午前11時から12時半まで、綾部市街地の都市下水路の流末水路(古川)の課題事項について地元自治会役員さんと市担当部課長との事前協議。

12時半。ゆらり広小路店で昼食。凄く混んでいた。繁盛することは良いこと。

京都でデザイン事務所を経営する同級生の中山君が、友人のイベントプロヂューサーを紹介してくれると言うことで、午後2時ホテル京綾部で待ち合わせ。わざわざ京都から綾部の事を思って来てくれた。午後3時半まで話し込んで、後日再度出会うことに。二人はあやべ温泉を見に行き京都へ帰るとか。

午後4時からは、井倉町の自治会長、三役、建設委員長と市の都市計画課長等と三者で、今回の都市計画区域線引き廃止に関する経過説明などをしてもらう。井倉町は、調整区域と市街化区域が半々で、農地も多く、集落も農村集落のように道路幅員が狭い。開発があったときの道路整備や農地転用など不安を持っておられる。

午後5時半。終了。

帰宅して、今度は午後7時。青野町の合唱団「ブルーフィールド」の再結成。青野町納涼祭で合唱をしたところ、大変良かったと、合唱団の活動の継続を希望され、練習を再開する。約30人近い皆さんに集まっていただき、舞鶴から青野町出身の歌唱指導の先生をお願いし指導を受けた。皆さん大きな声が出て、3部合唱までして、とても楽しいと満足しておられた。今後も月1回のペースで、練習するということになった。地域の皆さんが色々な活動に自主的に参加していただき、「絆」が出来れば最高です。

午後9時ピアノを返却して帰宅。

9月3日(火)
いよいよ9月議会が始まった。今朝は晴れている。子どもたちを送り、議会へ。午前9時から部屋会。9時半から全員協議会。9時55分から本会議。早速、市長ほか理事者は「水源の里」の水のペットボトル持参。今日は時間も短いので、議員は、水・茶を持って来ている人は少なかった。

本会議は、午前10時半に終了。外は強い雨が降り始めていた。午前11時半。帰宅。

午後は、半日、一般質問の通告書と、発言趣旨を書いた原稿を製作。私は、質問通告だけではなく、質問議論のストーリーも事前に渡す。その方が答弁も的確になる。

その間ずっと強い雨が降り続く。
f0111128_0433224.jpg

午後5時。概ね、質問通告書が出来たので、一旦終了。外では関西電力和知ダム発電所がダムからの放水量と注意喚起の放送が、不気味な警報音と共に聞こえてくる。今、毎秒120tを放流しているとか。由良川の堤防のすぐそばに建つ我が家としては、少し不安も。由良川の水嵩が気になり、花庭園へ水位を見に行く。それほど心配した水位ではなく安心。
その足で文具店へ。青野町の敬老記念品の「のし紙」を購入し、8月15日の市の盆踊りの記念写真を東写真館へ取りに行き帰宅。夏の思い出。
f0111128_0441990.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2013-09-03 23:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20326814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 大雨警報 ありがたい仲間 >>