国道27号整備促進同盟会陳情要望活動

28日に市立病院へ行き、ピロリ菌を退治する薬をもらう。
今は、ピロリ菌の薬は保険適用になって自己負担でも4千円ほどで出来る。昔は何万円もかかったそうだ。
1週間分の退治用の薬を頂いた。早速夜から飲み始めた。1回に7錠もの薬を飲まねばならないが、退治することによって、胃がんや胃潰瘍、慢性胃炎等のリスク回避が出来る。ピロリ菌は、50歳以上の人に多いとか。人に聞いた話では、子どものころに、井戸水などを飲んでいたりすると、ピロリ菌が寄生していると言う。それが年齢とともに、内臓に影響を与えるのだろう。多くの人がピロリ菌の除菌をしておられるとか。

1週間、朝夕食後に抗生物質を飲み続け、1ヶ月後に検便して、ピロリ菌の有無を確認するとか。
で、29日朝も飲む。「抗生物質なので、便が柔らかくなったり下痢になります。よほどひどくなったら、担当医の先生と相談してください。」と薬をもらう時薬剤師さんのご指導をうけた。。

朝から薬剤師さんのおっしゃる通りの状態に。しかし、体調が悪いわけではない。原因は判っているから精神的には安定している。1週間我慢をして、ピロリ菌を除菌しよう。

朝10時20分福知山へ。今日は一日「国道27号整備促進期成同盟会」の陳情活動。
先に、福知山の国土交通省近畿地方整備局福知山国道事務所へ。
陳情のメンバーは、同盟会の塩尻泰一会長、四方諭副会長、大西事務局長、地元議員として私と木下市議、吉崎市議、市役所からは、藤本建設部長、大槻課長、国府事業調整係の武君と。

それぞれ地域代表が実情を述べ、新任の野中所長も、早速、現地を見て回って早急に改善する必要のある個所は取り組むとお話しいただいた。既に下八田工区の1.1kmは、事業化が決定し、360mについて工事発注も済んでいるとのこと。

引き続いて、参加者はバスで、大阪へ。大阪市にある「国土交通省近畿地方整備局」へ。
f0111128_0312918.jpg

昼食を後回しにして、午後4時から30分、吉谷同局道路部道路情報管理官に要望を行う。各地域代表から実情を説明し早期の整備促進をお願いした。私は、綾部工区だが、ほぼ工事は完了しているので、むしろ、綾部から上杉までの区間は、京セラ、オムロン、日東精工など優良企業が沿線にあり、隣接地には府営綾部工業団地や市営綾部工業団地、高速道路綾部ジャンクションなど産業用道路としても非常に重要な道路であり、歩道整備だけでなく、綾部舞鶴福知山の通勤道路として、あるいは舞鶴港へ続くヒンターランドとしての当該地域区間の拡幅整備の重要性を訴えた。
8月5日には、谷垣代議士にも面会し、27号整備促進を訴えたことなど話をして、早期の道路改良をお願いした。

そのあとは、何時もの昼食屋で「ひょうたん弁当」(900円)を食べるのが毎年陳情団の定番なのだが、今年は陳情時間が遅く、店から『昼の部はお終いです』と断られたので、仕方なく近所の中華料理店で、麻婆豆腐+焼き飯定食(800円)を注文した。みんなトンガラシ辛いと悲鳴を上げたが、結局完食!!!!
f0111128_0315055.jpg

午後3時帰路に。午後5時前に綾部に到着して今日の活動はおしまい。

夕食を食べて、1カ月ぶりに綾部混声の練習へ。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-08-29 00:02 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20295830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ありがたい仲間 9月議会議運委開催。 >>