再開

8月6日の東京研修旅行以降ブログを休んでいた。

8月7日(水)午前中愛媛県三豊市議会が本市議会の議会改革の状況を調査研究したいと、ご来綾いただいて、お昼前にお見送りしてから、食堂で昼食をとり、午後1時から、1週間病院で静養。14日午後退院。

点滴だけで、4・5日過ごすと体重が6kg減った。ちょうどそのころには、四国の四万十市で、41度の高温を記録し、全国各地で、40度を超える異常高温の灼熱地獄のころ。一日窓から暑そうな外の様子をうかがい、高校野球を見て過ごす毎日。3日で、もうくたびれる。

14日帰宅したが、余りの暑さ。体力も少し衰えたと自己診断?。夜の味方自治会の納涼祭や仁田君が招集をかけたプチ同窓会を欠席。15日早朝の藤山平和祈願祭も山歩きはまだキツイだろうと不参加。

しかし、15日からは、活動を再開しようと決めていたので、午前9時、了円寺の「盂蘭盆会施餓鬼法要」に出席。司会進行をさせていただいた。

午後2時。帰宅後、暑い中ではあったが、娘が運転する私の車で福知山へ。夕方、家内の実家の墓参の際の土産(リトパのピザ)を買いに出かける。本屋へ立ち寄ったりして、午後3時。福知山の音瀬橋を渡って帰宅。もう花火大会の余波で、道路は大渋滞していた。まさかこの場所で、数時間後に大惨事が発生するとは夢にも思わず通過する。

夕方、午後5時家内の実家(石原町)の墓参。そして義弟のもてなしで、野菜バーベキューを食べたり、姪の子どもたちと遊んだり楽しいひと時を過ごす。もう一人の姪が、今から福知山の花火大会に行くとかで、家内に浴衣の着付けを手伝ってもらっていた。

午後7時40分。娘が、京都へ帰るとのこと。綾部駅へ送っていき、帰宅。テレビニュースに大惨事のニュースが放送され、あわてて、姪の電話へ。大丈夫のようだた。

それにしても、60人近くの被害者が出たとのこと。心からお見舞い申し上げます。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-08-14 14:22 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20232909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 伝統芸能の保存 研修旅行2日目 >>