あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

防災意識

東京や関東東北では、ゲリラ豪雨や洪水、また、埼玉では少雨による取水制限など、本当に異常な気象が続く昨今。

綾部市議会では、防災対策特別委員会が開催された。綾部市では、今、防災のまちづくりを目指して、情報伝達システムを構築したり、基本となる「防災基本条例」の制定の動きなど、着々と安全・安心のまちづくりへと計画性を持って推進しているが、来る9月1日(日)に、(この日は全国的に関東大震災にちなんで防災関係の訓練が実施されるのだが)土砂災害を想定した情報連絡・避難訓練が実施される。総合防災訓練は、毎年実施するには経費がかかりすぎるので、以前から数年に1回の実施としていたところだが、昨年実施したため、今年は、緊急時避難誘導連絡訓練を実施される。

およそ7割の自治会が参加するようで、効果は大きい。

特別委員会では、「9月1日は、クリーン大作戦と重なっている。どうしてそんな日に実施するのか」と言うご意見もあった。また「土砂災害を想定しているが、綾部の神宮寺や明知では、想定が大きいではないか」と言う様なご意見もあった。しかし、防災訓練の想定は、あくまで机上訓練おけるもので、住民一人一人の参画に関しては、想定されていないし、各自主防災会の取り組みで、想定を変更もできる。杓子定規な意見ばかりを言ったり、無い物ねだりしていても前向きではない。その前に、自助共助の部分を動かす努力もしないで、公助の問題点ばかり指摘していても、課題は解決しない。

自助共助が7割以上占める災害対策をいかに意識付けするのかこそ検討するべき事柄ではないかな。
f0111128_1059959.jpg

<昨年度のクリーン大作戦と、自主防災訓練>
青野町では、クリーン大作戦も午前7時から実施し、いったん自宅に帰っていただき、午前9時から緊急時の連絡訓練に参加する計画で準備している。
f0111128_10564914.jpg
<平成24年度の防災訓練>
この取り組みは、自主防災会を創った数年前彼実施している。行事は重なっても、その日にこそできる工夫をしてきた。9月の第1日曜日はまさに「防災の日」市民の防災意識を啓発するうえでも最適の日だと思う。
f0111128_10515299.jpg

今日の特別委員会では、件の防災訓練の内容を執行部から聞いたり、原子力災害備蓄倉庫の見学をしたり、災害発生時の議会・議員の役割に関する内規の制定など議論した。
f0111128_10521372.jpg

<原子力災害時の防護服>
創政会では、午後の会議に先立って、午前中24・25年度両年度の事業で施工されている、最終処分場の現地調査を実施した。
総事業費15億円で、埋め立て処分地を造成している。水処理施設も現在基礎工事中。暑い中、施工業者の皆さんが汗を流しながら、施工されていた。
f0111128_10523019.jpg

ごみの減量化へ向けて一層の努力が必要だ。「未来の貝塚」を創るのに、15億円も費用が必要だと言うことを認識したい。
f0111128_10525217.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20088858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2013-07-26 10:36 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)