水難地蔵祈願

夏休みが始まった。子どもの水の事故や交通事故が毎年のように発生する。そのたびに心を痛める。

元気に育ってほしいと思う親。

由良川河畔には、子どもの水難地蔵尊がある。余田自治会長様のお話によると、ずいぶん以前に並松町に住む中出口さんが足利尊氏生誕の安国寺から、一体の石の地蔵を掘り起こし、並松町自治会長と相談し、町民の手によって由良川河畔に安置したのが始まりとか。
f0111128_6294355.jpg

今年で59回目の水難地蔵祈願祭。毎年、小学校の1学期の終業式の近くの日に開催される。
並松町の子どもたちによる誓いの文の読み上げ、正暦寺ご住職の読経、参列者の焼香、子どもたちによる由良川への献花。夏休み中の事故防止を祈らずにはいられない。
f0111128_10371076.jpg

夏の始まりの行事。由良川水難地蔵祈願祭。並松町の皆さんによって歴史を刻んでいる綾部の祭礼。

しばしの静寂ののち、選対事務所へ戻った。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-07-20 23:29 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20056652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 西田候補当選御礼 流れを止めるな >>