同じやるなら楽しくやらなきゃ損々   

2013年 07月 13日

7月9日から12日まで前半戦の山場。西田候補の個人演説会や街頭宣伝。早朝の挨拶活動。連日の選対本部会。気温は連日35度を超えた。

選対本部の皆さん、ご協力いただいたそれぞれの方々のご尽力で、11日午後7時からの西田昌司個人演説会は、会場いっぱいの450人の市民の皆さんにご参加いただいた。今日現在で450人もの皆さんを集めた個人演説会は府下でも綾部だけ。運動員さんはじめご支援いただいたそれぞれの方々の汗の賜物。暑い中ご参加いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

12日の午後は、市内を3時間候補者本人と一緒に街宣活動。左腕が痛い。手を振り続けたせいか。

早朝の通勤者へのご挨拶も、朝から厳しい日差しが射し、汗が噴き出す。引き続き行う選対会議も、一人一人の部長さんの行動計画の説明に力が入る。

選挙は、候補者一人の力では何もできない。多くの賛同者・支援者が存在してこそ。候補者を支え、少しでもより良い政治を進めてほしいと、思いを託くそうとする思いが候補者を支え選挙を下支えする。そのことを候補者や政治家は忘れてはならないと思う。

選挙で忙しい中、9日は、綾部高校創立120周年記念事業の賛助金のお願いに市内企業回りをする。

10日は、同様、午後2時間。綾部地区公民館の会議に出席し、運営委員長としての役割を果たす。夜の会合は疲れで、欠席。

11日は、選対会議終了後、府道と市道の事故多発交差点を改良するため、四方府議と市建設課、府土木事務所。綾部警察署の方々と、現地協議。道路に注意表示をして、事故防止をすることとなった。
f0111128_1030380.jpg

その後、下水道工事後の仮舗装の段差や狭隘な市道改良について現地調査。下水の本格舗装復旧時に併せて改良も進めてもらいたいと要望しなければならない。
f0111128_10302945.jpg

午後4時から市民センターでの西田昌司個人演説会の準備のため市民センターへ行こうと準備をしていたら、大相撲綾部場所実行委員会のF田さんから「冷たいコーヒ~用意しているよ~。少し寄っていかないですか?」とメール案内。事務局の皆さんの積極的な営業活動。確かこちらが個人演説会へお誘いしたのだが、さすが、相撲取りさながらの「うっちゃり」。30分だけと実行委員会事務所へ。空いている座席があれば自分のために椅子席でも購入しようと訪問。
f0111128_10305060.jpg
<このような座布団とお弁当が付いているとのこと。結構な座布団。>

もう座席は椅子席しか残っていないと思っていたが、まだ後ろの方だが桝席も少し残っているようだ。

F田さんの強い右さし手と突き押しで、あっという間に西土俵下に押し出された。「椅子席」のつもりが「桝席お買い上げ~」ほうほうの体で西の控室へ退場。

午後5時から市民センターの個人演説会会場準備。午後7時から個人演説会。続々と沢山の方々に入っていただいた。ありがとうございました。

12日は、前夜の疲れもなく、朝、6時に事務所を開け、午前7時から8時まで白瀬橋で朝のご挨拶。続いて、8時半から9時半まで選挙対策本部会。当日の街宣コースや担当について協議。

午後1時半から午後5時半まで、候補者カーに同乗してひたすら車窓から手を振りお願いの連呼。スポット演説の横立ち。熱風にさらされること3時間半。さすがにくたびれたが、夜の会合もあり、午後6時半に帰宅。

午後7時半から合唱のまち綾部を具現化するため、「(仮称)合唱団青野」の結団に向けた相談。日出子さん、千津子さん、和茂さん、文化体育員長の均さん5人で、相談。地域の話しや行政要望なども含めて、会議終了は午後11時になった。さすがにくたびれました。でも、楽しい合唱団ができそうです。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-07-13 10:34 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/20007592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 龍神 防災避難重要路線 >>