あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

遺産

朝目覚めたら、もう夏本番のような日差しが差し込んできた。
まだ梅雨の雨も降っていないのに、もう梅雨明けか?と思わせる。

このまま空梅雨が続くと農作物に相当の被害が発生するだろう。「旱魃」が頭をかすめる。
午前中、10時から人権教育研修会の実行委員会があったが、事務局に代理出席を求めて、事務作業に没頭する。

「戦後60年 世界連邦や市民憲章、地球市民の集い等の見直しを」といった質問状が創政会などに届き、その回答文書を作成するために、四方府議に意見を聞いたり、資料を見たりしながら、回答文書を作成。

午後2時半から綾部小学校遊びの城へ。3週間ぶりに参加する。ソフトバレーボールをして子どもと遊ぶ。
とても子供のパワーに我々サポーターは付いていけない。しかし、純真な子どもの瞳を見ると、健やかな声量を願わずにはいられない。

午後6時 自由民主党綾部支部「未来を語るセミナー」へ。ITビル。南丹市と京丹波町の府議会議員片山誠治さんの講演を聞く。「鉄道・道路の整備促進で、新しい流れを」と題して、府の流れ、国の流れについてお話をしてもらった。鉄道に関しては、以前からブログでも書いたし、議会でも質問もしたが、本当に園部・綾部間の複線化をお願いしたい。少しの距離でも複線化することで、綾部と京都の普通電車の時間距離は飛躍的に短縮できるはずなのだ。

府道整備が、他府県と比較して整備率が遅いことを、数字で教えてくださった。確かに視察や私用で他府県へ出かけることがあるが、素晴らしい道路が出来上がっているのに、京都はどうなんだろうと思ったことは一度ではない。兵庫県の道路を利用するにつけて、京都の遅れを実感する。

これらは『憲法をくらしのなかに生かす』と言う美名のもと国と対峙して地域のために何もしてこなかった長年の革新府政の負の遺産。すべては、選挙で府民が選択してきたこと。

福知山市の駅の連続立体交差事業はほぼ完了した。国道9号の拡幅が今盛んに行われている。私は、蜷川革新府政の頃、府の行政組織を飛ばして直接国と直談判して事業を取り込んできた塩見精太郎福知山市長の話をよく聞く。政治家はそれくらいの度胸と決断力が必要だ。正しいと思うこと、市民の幸せになることを待ちの姿勢ではなく、創造的な思考でこれと思ったことを多少高い崖でもはいのぼるくらいの勢いで仕事を進めたいと思う。

後8時半、セミナーは終了。夕食会へ。午後9時半帰宅。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/19812107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2013-06-12 23:50 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)