チャレンジウオーク   

2013年 06月 02日

梅雨の中休み?なのか爽やかな日が続く。

6月1日(土)
チャレンジウイークの事業の一つとして、体育協会が企画した、綾部の街中ウオーキング大会。参加者は50人程度と少し残念な参加者数だったが遠くから参加される方もあり楽しいウオーキングの半日となった。
f0111128_2352852.jpg

朝、8時。体育協会の理事さんや体協に参画される単位協会・団の代表者で組織する実行委員会の朝礼。実行委員長は、普及委員長の大島さん。皆で準備を進め午前9時前には参加者も次々とエントリー。9時過ぎに由良会長の笛の音とともにスタート。改修された市道薬師前倉谷線や再整備が進む紫水ケ丘公園。そして2棟目の建設工事が始まった京セラ綾部工場。その前を通過し、白瀬橋を渡り、バラまつり会場のグンゼ博物苑で休憩。アスパ前を通過し舞鶴線西町踏切を渡って川糸通りを歩き午前11時過ぎ、出発地点の市民センターへ戻ってきた。
f0111128_2355535.jpg

あやべの街を一望出来る道を親子連れやお友達の女性グループ、近所の奥さん仲間など、さまざまな市民の皆さんが思い思いにウオーキングを楽しんだ。白瀬橋付近ででは、自治会行事でウオーキングするグループにも出会い、珍しくにぎやかな街に。チャレンジウイークで、市民みんなが色々なスポーツを楽しんだことだろう。
 私は、ウオーキングのアンカーを務めた。万歩計は1万2千歩を指していた。少しくたびれた。帰宅後、ちょいと昼寝。夕方、畑に出かけ、消えてしまったオクラの芽をどうしようか思案時。

6月2日(日)
朝から八幡市で、開催されている「京都合唱祭」に参加。例年参加しているこの合唱祭。京都府下一円の合唱グループが合唱を披露する。京大グリークラブをはじめ、大学の合唱サークルから、職場・地域の合唱グループ、ママさんグループ、高校の合唱部、お寺の檀家合唱団などなど。合唱グループは千差万別だが常日頃の練習の披露の場。たった数分の発表の場だが、皆真剣そのもの。

綾部混声合唱団も団員不足。とくに「バス」パートは、深刻な人不足。今日は綾部市日中友好協会創立40周年記念式典と重なった。理事の末席をけがしているので、記念式典への参加をと悩んだが、合唱は人がいないとどうにもならない。バランスが崩れてしまう。日中友好協会を欠席し、八幡市文化会館の京都合唱祭へ参加することを決断。趣味を優先させることに迷いもあったが、例年の協会の総会には出席しており今年は欠席することとした。
f0111128_2351054.jpg

 合唱は、老若男女誰でも歌うことができる。老化防止にも絶対に良い。若い人たちと合唱するのも良い。気持も若くなる。是非合唱へ参加してください。特に男声合唱は参加が少ない。演歌を歌うだけではなく、合唱ハーモニーの素晴らしさも体感してほしいな~。
f0111128_2342254.jpg

終日京都合唱祭の会場(京都府八幡文化会館)で過ごした。往復は「二外」(第2外環状線)で。二外が開通して北部と八幡方面はすごく便利になった。

午後4時に八幡を出発して、5時半には綾部に帰着。まだ日が残っていたので、消えてしまったオクラの苗をホームセンターで購入し、家庭菜園で移植。これで夏野菜は万全。ネギも陰干ししている。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-06-02 22:32 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/19719138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 作業手順 梅雨来る >>