ツツジ満開   

2013年 05月 05日

五月晴れとは今日の日を言うのだろう。晴天に恵まれて、リニューア中の「紫水ケ丘公園」には多くの家族連れでにぎわった。
f0111128_103037.jpg

年に一度の秋葉三尺坊大権現味方分霊場の「火祭り」が執り行われ、ご案内を頂き参加した。
f0111128_10223336.jpg

紫水ケ丘公園は、市議になって以降再整備を議会で訴え続け、順次再整備が進められてきた。ひどく荒れていた数年前、公園内の樹木の伐採からスタートした公園再整備。その甲斐あって、ツツジがとても美しく咲き始めた。
f0111128_10304245.jpg

「もっと樹木の伐採をして見晴らしを良くしたい」との御意見を聞いた。ある程度樹木は必要かとも思って、園内を散策した。やはり、もっと樹木の伐採をするべきだと考えを改めた。

f0111128_10232796.jpg
と言うのも、モミジやサクラが大木化してツツジが日陰になってしまい開花しないツツジもある。障壁となっている木を伐採した場所は、ツツジが復活し、かつての美しい姿を見せ始めている。
f0111128_10251799.jpg

いっそのこと、紫水ケ丘公園を全山ツツジの山とし、北近畿最大のツツジ庭園としてはどうだろうか。
f0111128_10262267.jpg
そこで、北近畿最大のツツジ公園とするための提案をしたい。
①夏の緑陰となるモミジやサクラは一定の場所に残して伐採する、ホテルから丘への園路は緑陰部分も多く、アジサイを植栽する。ツツジの終わった後の、アジサイ園としても生かせる。
②公園最頂部のメタセコイヤの3本の大木は伐採が良いか残すべきか検討する。と言うのも、秋の紅葉がすばらしいので。
③平和塔の南側や市道薬師前倉谷線の途中にある大木化している樹木を伐採する。平和塔周辺は大木化し平和塔よりも背丈が高くなっている。
④市章広場の再整備を行う。砂利石が大粒過ぎてお年寄りには歩きにくいし、赤ちゃんのバギーも車が動かない。出来れば、園路を芝生化すること。市章のカラー舗装は老朽化しており、撤去し全面芝生化するか、市章部分に芝桜を植栽すればどうか。
広場の周縁部に藤棚を配し、日陰部分を作り、来場者の休憩スポットにする。
⑤市章広場から下の道路(園路)へ降りる道を作るとともに、園路を舗装すること。最高の見晴らしの。「ライオンズクラブ贈呈の休憩棟の屋根を整備するとともに、北側(舞鶴側)の樹木をもっと伐採し、展望を良くする。
⑥平和塔への園路をもう少し広げ、誰でも行きやすく。誘導看板を設置する。
f0111128_10263984.jpg
などなど、検討委員会で、かつて再整備への検討がなされたが、更に沢山の来場を目指して、更なる再整備を望みたい。出来れば、市章広場の野外ステージを使った「ライブ」やイベントも仕組んでいければよい。
f0111128_10281227.jpg

大きな寄付を頂戴して整備された市道薬師前倉谷線の利用に関しても、京綾部ホテルだけではなく、紫水ケ丘公園への足としても検討し、あやバス上林線迂回(京綾部ホテル・紫水ケ丘公園前バス停設置)や、西八田線を紫水ケ丘団地へ迂回させ(公園バス停設置)などいくらでも利便性向上を図ることはできるし、北近畿最大のツツジ園としての投資効果を生むことは可能だ。

市民の中には、「綾部大橋親柱公園」の存在や「市政記念碑」、綾部が生んだ国会議員「村上国吉像」など存在すら知らない人が多い。まだまだ認知度が低いし、宣伝力が足らない。
f0111128_1027144.jpg

火祭り神事は多くの市民が参拝される中、行われた。味方の四方自治会長様をはじめ、地元の皆さんによるぜんざいの御接待や福引き会など盛大に行われた。ご苦労様でした。
f0111128_10272624.jpg
市長自ら火渡りに挑む
f0111128_10315213.jpg

自治会長のお礼の言葉。ご苦労様でした。
午後3時から家庭菜園の夏の野菜を植え付け、夕方6時に終了。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-05-05 23:30 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/19338642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 子どもの数 立夏 >>