4月2日(火)
友はありがたい。
午前10時 「花と緑の都市モデル構想」で、整備され公園化された。井根山公園マユピーの森へ。
 
 井根山公園は、平成3年に秋葉神社を囲むようにして整備された。当時の補助事業としては、補助率があまり良くないが、国土庁の補助事業だったように思う。

秋葉神社は、毎年4月の第2日曜日に開催される。今年は4月14日日曜日に、地元野田の住民の皆さんの手で、祭礼が行われる。地元消防団は、消防団長以下必ず参拝をする。祭司は神仏混交の時代が今に生きる那智山正暦寺玉川住職によって歴代執り行われている。あやべの街の鎮護を祈る。般若心経の読経を100回読み上げる。
f0111128_11102781.jpg

当時の谷口昭二市長が平和のトライアングル。マユピーをモニュメントにして公園にされた。推測するに野田の住民の皆さんが毎年急な坂道を資材を持って山頂に達するのは難儀なことだろうと、地元要望も受ける中で、登山道路を整備し山全体を公園化、山頂には、展望所やトリムの整備・マユピーのモニュメント設置など。そして公園内の一隅に秋葉神社を配置された。秋葉神社を取り囲むように一体整備されている。
行政は寺社仏閣本体に行政経費を投ずることは、憲法上の政教分離に原則に反することから、園路を整備し、周辺を整備したと思われる。
f0111128_1195259.jpg

古くから、大師山として、正暦寺から続く88箇所の石仏が山頂へと続いていた信仰の山。整備時には88の石仏が巡ることができるよう参拝道も残しながら整備していたはずだが、山頂部分で横断する公園道路を整備したことで、一部参道が通行困難となった。謂わば、行政側の工事によって、古くからあった88か所めぐりの参道が途絶えている箇所が実在する。
f0111128_11105914.jpg

本来は政教分離どころか、補償工事の対象として行政が途切れた従来の参拝道を整備しなければならない。しかし残念ながら公園を整備して幾久しく、ましてや住民が細々と続ける地域の伝統行事(神社の祭り)なんぞには、行政の金は出せぬと、あっさり断られた。

 地元の方々も高齢化し祭礼の維持すら心配されている。「トップカー一台が登れる作業道を確保するために数メートルだけ従来の大師道を元のように復元整備してくれたらよい」との切実な願い。「元々あった道を切断したのは行政ではないか」との思いがする。そこで行政に掛け合ったが非力な私には「政教分離の原則に反する」の一言にあらがうすべもなかった。

色々どうしようか考えた。住民の「ほんな小さなしかし切なる願い」をどう実現するか。持つべきものは友である。悩んで相談したところ、地域の住民の伝統行事のお役にたつのなら、そして重機一台で出来る程度の参道掘削。二つ返事で引き受けてくれた。住民の方々も「自分たちも出来ることはやろう」と、崩壊して堆積している土砂の撤去もしていただくこととなった。

ありがとう。心から感謝したい。これで、従来からあった大師道も秋葉神社の荷物搬入の作業道路も確保できできる。地域の方々の伝統行事を続けようという強い「志」。そしてそれに協力してあげようという友人の「心」
四月の風のように爽やかだった。
一方で行政も過去の整備のいきさつをもう少し理解して、もっと「心」のある行政を進めてほしいと少し心残りだった。

 現地調査の後、議会事務局へ。議会報告会の相談と人事異動の挨拶。議会事務局長に卓チャンが、事務局次長にたかっちゃんが、それぞれ就任した。2人とも、かつての「農林族」私が農林課企画係長だった昭和60年~平成元年。メンバーとして一緒に農林業の振興発展のため苦楽を共にした仲間(族)だ。今回異動した前任の前チャン次長も昨年退職したとっさんも苦しい時代を若さで爆走してきたメンバー。挨拶する二人をみるとつい昔を思い出す。昔話に花が咲くようでは、歳をとったということか。ため口言い合う農林族で一献傾けたい。

午後、自治会決算収支明細書と証拠書(領収書)との突号作業。

午後6時 京綾部ホテル。四方源太郎後援会「げんたろう新聞」配達員交流会へ。100人近い参加で盛況だった。楽しく歓談できた。最後の三本締めと閉会の挨拶をさせていただいた。四方源太郎後援会と各与党議員の後援会は重なる方々がたくさんおられその意味でも良い機会の設定だと感謝したい。「あんどう新聞」はどうなったのかとおしかりを受ける。早く4月号を制作しなくては。
f0111128_11114331.jpg

その後、カラオケグループ10人と2次会へ行き、最初にお誘いを受けた月見町グループに合流しようと急いだが既に帰られていた。同級生の福田君の奥さんの夫婦論をしばし聞き、山中光チャンの「祭」で、月見町界隈の現状を聞き、高齢者雇用の実態を聞き帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-04-02 10:42 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/19143324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 人脈は将来の財産 実績報告 >>