ウイングを広く   

2013年 03月 30日

3月29日(金)
朝から、自治会決算書の最終チェック。いよいよそちらも佳境に入っている。

お昼前に議会へ。年度末には2日早いが、官公庁や金融機関は休業に入るため、一応の仕事は、今日が年度末。平成24年度の退職者への辞令交付も行われ、昼には、退職者の退庁式が玄関で催される。例年のように見送りに出かけた。
f0111128_10112179.jpg
ちょうど、私より年齢では一つ下の方々が定年を迎える。
議会事務局では、西尾浩司事務局長が、市長部局では、渡辺博幸総務部長、志賀幹彦建設部長、井田正則監査委員事務局長、吉田郁夫福祉課長、上原宏文環境保全課長、出野誠税務課長、桜井恵吾建築都市計画課長、山口美世子物部保育園長、消防署の土井一郎予防課長、村上徹課長補佐、消防士の福井さん、西八田小学校の波多野純子さんが退職された。
f0111128_10114728.jpg

市の理事者をはじめ職員や議員に見送られて市役所を後にした。毎年思うことは、第2の人生、また違った生き方ができるよう、頭をフレキシブルに切り替えて人生を楽しんでほしいと思う。
f0111128_10125848.jpg
これまで出来なかったボランティア活動や地域貢献事業、自分で事業を立ち上げ頑張ってみるとか、子ども活動の指導をされる方もいるだろう。
ウイングを広く持って色々な活動に取り組んでほしいと思う。まだまだ活躍できる年齢。家に閉じこもらず、外に出て、活躍されんことをお祈りいたします。皆さんと握手をしてお別れをした。

一旦帰宅し昼食をとった後、午後2時から綾部高等学校東校舎へ。青野町の堤内地の水田に関して耕作者間でちょっとした問題が発生しており、農業委員会や、綾部高校東校舎、地権者、水利組合関係者、農家組合、耕作者を一堂に会して、問題解決と、対策について協議することになった。しかし農家組合長が欠席で、抜本的な解決とはならなかった。出席されていても解決しないと思うが、確認だけは取りたかった。残念。午後3時終了。
f0111128_10134624.jpg

午後3時過ぎから「日本刺繍展~絹糸の雅~」を観に行く。青野町の集蔵で、31日まで開催されている。素晴らしい作品が0.1ミリの絹糸一本一本で刺繍され作品が出来上がっている。東八田高槻町の大槻昌成さんの娘さんもお弟子さんと言うことで、先日松寿苑でご案内を頂戴した。木村義弘氏と娘さんの千鶴さんとの二人三脚で、日本文化の粋とも言える、日本刺繍を伝承され、京丹波町に居を構えて、活動しておられるとのこと。千鶴さんの作品やお弟子さんの素晴らしい作品を見せていただいた。あと2日ほどあるので是非観ていただきたい。
f0111128_1014582.jpg

一針一針に心がこもっている「日本刺繍」に魅せられたひと時だった。
f0111128_10142996.jpg

午後7時。天神町のレストランへ。本年度をもって退任される澤田正一綾部公民館長のお別れ会に出席。
公民館の本部役員で送別会をする。澤田館長とは、ボラセン立ち上げ時から、役所でお世話になった。今回7年間の館長に区切りをつけて、後任の森副館長に託される。大変ご苦労様でした。
f0111128_1015596.jpg

それぞれ、年度末を迎えるので、公民館役員は、一旦退任と言うことになるが、また来年も活動いただく方、今年限りで退任しようと思っている方など、それぞれに思いを込めた楽しい夕食会だった。その後数人で2次会へ行き、帰宅は午後12時前に。今日もウイングを広く持った多くの人々との出会いがあった一日だった。
f0111128_10164440.jpg

 
[PR]

by ando-ayabe | 2013-03-30 10:16 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/19048813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< メディアを考える 25年3月議会終了 >>