お別れ会で公会堂は大賑わい

3月26日(火)
最近新聞をゆっくりと読む時間が無い。あわただしくぺらぺらとページをめくって、おしまい。
新聞代金がもったいないことだが、致し方が無い。

今日は午後1時からの議会運営委員会だが、その前にすべきことを。議会だよりの原稿が22日までとなっていたが、大幅に遅れた。とりあえずそれを急ぐこととして、フォーマットに文章を打ち込んでいく。
その間、2件の電話。市役所の行政事務処理や対処に対する不満や悩みの相談を受ける。双方の事情の狭間のような案件もある。とにかく誠心誠意話を聞いて、拙速でも、当事者の当座の悩みの減少のために状況把握や対処方法について当面の対応を打つことにしている。当事者は少しでも不安の解消や納得できることを望んでいる。

件の議会だよりの原稿は11時ごろにようやくメールで議会事務局へ送る。その後、27日に開催される「M商事太陽光発電所竣工式」へのご招待のご案内を頂戴したが、議会本会議中で出席できないので、メッセージを作成。12時半に完成。市役所へ行き、地下の食堂で、おでん定食を食べ(安い。600円は)議会運営委員会へ。

専決処分の案件を市長から説明、議会でも年度末の例年の会計処理案件なので特に意見も出されず了承。
続いて3月議会提案議案処理の内容報告を受け、明日の本会議の議事次第を協議し、議会改革に関すること(議会報告会の日程と内容について)を協議。午後2時解散。1時間の会議だった。

その後、自民党事務所へ。政治団体の変更届出の記入押印。2時半に帰宅し、事務室で、自治会決算の準備に没頭。

午後6時夕食後、平成24年度最後の自治会組長会議皆さんなごやかに最後の組長会が終了したことに安堵されているようだった。欠席が4・5人あったが、30人近い組長さんが出席。私からは、公会堂管理の立場から、利用規則を改定し、自治会員さんが利用しやすい規約を作成中と説明しておいた。

組長会終了後お母さん組長さんと話す。公会堂をよく利用してくれる子どもたちを持つお母さんたち。「3月になると子どもが良く利用してくれてうれしいが、どうしてここを利用するの?」と聞いた。これほど大きな公会堂はない。そして中学生や少年野球などの御苦労さん会やお別れ会もしてくれるのだが、グラウンドやスーパーから近いことや吉美地区の子どもは帰り道になって場所的に良い。とのこと。そういえばここ1週間。お別れ会などが2・3件あったな~。

子どもの頃のそんな思い出はきっと心に残るはず。(経験則)良い思い出を青野町公会堂で作ってくれるなら、多少暴れて障子を破っても許したい。お母さん組長に聞けば、中学生のお別れ会なら、お菓子を食べていても、帰りにはちゃんと男子女子に限らず掃除をして帰るとか。ルールはちゃんと守れる良い綾部っ子だ。

嬉しい宵の話だった。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-03-27 01:09 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18968221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 25年3月議会終了 予算委員会終了 >>