あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

海の京都構想

2月18日(月)
午前9時30分 市議会防災対策特別委員会に出席する。

内容は、京都府が2月の府防災会議で示したUPZの計画に対応して綾部市が定めようとしている綾部市地域防災計画(原子力災害対策編)の修正及び綾部市原子力災害住民避難計画案について特別委員会が開かれた。
地域防災計画の見直しに関しては、SPEEDIの拡散予測を踏まえて、高浜原発から概ね30km圏内大飯原子力発電所から概ね32.5km圏内の全住民の圏域外施設への避難計画が柱。

緊急時防護措置を準備する区域の範囲と人口(UPZ)の対象地区・住民人口は、高浜原発においては、奥上林、中上林、口上林、東八田、西八田、志賀郷地区の全住民、山家地区の和木町・下原町を除く住民、吉美地区(高倉町・小呂町・星原町・桜が丘3丁目)、物部地区(白道路町)合計4330世帯9277人

大飯原発においては、奥上林、中上林地区の全住民東八田地区(大又)の住民942世帯1877人としている。福島第一原発並みの過酷事故が想定されている

各委員から質問が出された。
・自家用車避難を想定した避難所の駐車場確保は
・UPZの根拠は
・全市避難の想定は
・計画の実効管理は
・ヨウ素剤の取り扱い
・原発反対
・区域内の工場従業員の避難誘導計画等は
・区域内の養鶏場・畜産業の飼養動物の避難対策は
・避難所の問題
・情報連絡システムは
・自治会連合会に加入していない地区の住民避難誘導は
など意見が出された。

 想定外は結構あると思う。全てを網羅するのは困難だろう。マニュアル通り事故が発生するとは限らないし、SPEEDIの状態だって同心円的に拡散するわけではなく、部分的になるかもしれないし、日本海側に風向きが吹くときもある。万全を期してあることとして、おいてよいのではないか。万が一そのような過酷事故が発生したとして、実際には、避難誘導バスの調達にしても、確保できるとは限らないと思う。それよりも落ち着いて、確実に避難ができればそれで結果好なのではないだろうか。30kmのUPZにしても、とてつもない台風のような状態なら、どうかなんて想定されていないと思う。そんなときは、100kmだって駄目になる。

控除には限界があるしそれよりも、自助の観点からは、非常時避難の持ち出し品や家族の連絡体制。澄んでいる地域の避難先の確認。隣近所との共助の確認など、自分たちでできることを考えておくことではないか。

ご意見のある方は、市役所のHP又は、総務課でパブコメ募集中なので2月25日までにご意見をどうぞ。

会議終了後、緊急時通報システムについて庁舎内の通信室を見せてもらった。

午後は、自治会・稲荷神社等の収支処理のため金融機関を2か所回って帰宅。

2月19日(火)
午前中は「あんどう新聞」「公民館だよりmini3月号」を作成。お寺の春の彼岸法要文書・自治会の香典等々文書配布しながら、徒歩で、ITビルへ。

午後1時 四方源太郎府議会議員のコーディネートで、京都府の平成25年度事業「海の京都」戦略の説明意見交換会が開催され、岡西副知事(府北部担当副知事)・山崎市長・木村府中丹広域振興局長・市議会議員・商工会議所正副会頭も出席し意見交換が行われた。
f0111128_1123668.jpg

京都のイメージを京都市を中心とする「雅の京都」に対して、府北部の「海の京都」を想定し、京都観光の多層化を図る構想。特に「海の京都」は7市町(舞鶴市・京丹後市・宮津市・福知山市・綾部市・伊根町・与謝野町)を想定しており、戦略拠点を1市町1箇所と定め、関西圏・中部圏からの観光誘客を図ろうとするもの。
f0111128_1125490.jpg

綾部市の戦略拠点を「グンゼから大本に至るまち並み」として、そこに公共・民間投資を重点化しようとするもの。その箇所にはバラ園・グンゼ博物苑・グンゼ資料館・集蔵美術館もあり、町家倶楽部による古民家店舗・大本の庭園などがある。今後、特産物館も整備されることが想定されており、コーポレートアイデンティティを統一して観光展開すれば、ある程度の誘客が見込めるだろう。

意見を求められたので次のような意見を述べた。、
・「海の京都」構想の本市の戦略拠点がグンゼの歴史的建造物の街並み」だけではインパクトが弱いので、CIを統一し、ソフト力を充実しては。その際は、他所者・バカ者・若者の意見を取り入れたイベントなどソフト力充実を。
・由良川花壇展など由良川回廊構想と連携し、サイクリングを中心に高速道路がクロスする地の利を生かし、サイクリングの起点回遊拠点にしてはどうか

岡西副知事は若く意欲的な副知事で、四方府議ともども若い力を感じる。

会議終了後、議会事務局へ立ち寄って、川糸町などにお寺の文書を配布し、下水道工事現場を見ながら歩いていると、東神宮寺自治会長と井倉自治会長に出会いハーフタイムで意見交換。

午後4時帰宅。午後6時半からはほろにがCLOBEへ。珍しくdoramaまで行き帰宅は午後11時。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18670141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2013-02-20 11:03 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)