祝 舞鶴若狭道路4車線化着手決定   

2013年 02月 14日

2月13日(水)
今朝の新聞はとても驚いたし大変喜ばしい。舞鶴若狭道路の4車線化が着手される事となった。
平成25年度から福知山IC~綾部ICと綾部PA~舞鶴西ICの4車線化工事が決定されたと書かれている。
f0111128_1181682.jpg

福知山から綾部までの対面通行区間では大きな事故も過去に幾度か発生している。
大阪方面から高速道路で、綾部に帰ってくると、福知山ICから急に道路幅員が狭くなり、カーブ、トンネルが急に増える。おまけに、対面通行。多くの綾部市民は、福知山ICで高速道路を下りて、一般道路を通って綾部に帰着する方もいるだろう。余り上手くない運転の私としては、正直怖い。その区間がようやく4車線化になる。

昨今の「コンクリートから人へ」の民主党政権の元で、そして経済低迷の中で4車線化は難しいだろうとあきらめていた。それだけにとても嬉しい。「祝杯」をあげねばならないとさえ思うほど大きなニュースだ。

総事業費317億円。道路整備は地域経済にも建設業界の受注を通じて雇用拡大にもつながる。また、本線を整備するために、工事用道路の整備や関連市道整備も進むことになる。

この道路の4車線化によって、舞鶴西ICから吉川ICまで76kmが4車線化になることになる。これによって、防災・経済などあらゆる面で、府北部の活性化につながると考える。

春になったら、京都縦貫自動車道も名神高速道路と結節し、宇治・滋賀方面へはスムーズに移動ができるし、大阪方面でも、名神京都南ICから再乗り入れしなくても直接つながる。

まだ用地買収や地元説明会などノウハウを持っている職員はいるだろうかと心配になる。
国庫補助関連の大型土木工事はなくなって久しい。由良川築堤と高速道路整備が並行して進んでいた時期もあった。同時に西町区画整理事業や青野・上延土地区画整理事業などなど公共事業を中心に土木建築事業が盛んに取り組まれていた。夜な夜な地元交渉に入る職員や現場に出かける職員で市役所は勢いづいていた。

これからは更新投資が中心になるとしても、今回の事業着手決定は、春先から気持ちが明るくなるニュースには違いない。

午前10時。地元自治会で頑張ってくださっているK川さんのお母さんのお葬式に出かける。11時に帰宅し、着替えをしてライオンズクラブ2月第1例会に出席する。青少年委員長として最後の役割を果たさねばならない。
ライオンズクラブは、「ライオンズ・クエスト」という、教員を対象にした児童生徒の指導方法のスキルアップしていただく研修受講活動を取り組んでいる。

本年度も、市内の小中学校の先生(吉美小学校・中筋小学校・豊里中学校・綾部中学校の先生)4人を舞鶴で開催された「ライオンズクエスト」に派遣した。その先生から受講の報告を聞くのが今日のクラブのテーマ。
f0111128_10382661.jpg

先生からは、新しい指導方法を体験的に研修することができたと好評の受講の感想。2008年から今日まで、6回延べ22人の先生に受講いただいた。引き続き綾部の小中学校の先生を派遣し子どもに対する現在の指導方法の改善に向けて事業を続けてほしいし、受講された先生も各学校職場で他の先生へのフィードバック研修など、更に研鑽を深めていただきたい。

午後1時。ライオンズクラブの例会を途中退席し、市役所へ。午後1時30分から議会運営委員会開催。
日曜議会の件。3月10日に開催される日曜議会の周知方法について。
政務調査費で、使用範囲を拡大された「陳情・請願活動」に関する支出確認の申し合わせ事項について。
議会運営委員会の行政視察報告書について。私が作成した議会報告書について参加した委員の意見を聴取。
議員研修会の開催など協議する。午後3時終了。30分ほどなら空いていると言うことで、市長室を訪れ意見交換。午後4時帰宅。

夜は読書
f0111128_1255946.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2013-02-14 10:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18603434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 祝祝 京セラ綾部工場増設 非人道的爆撃 >>