立春大吉

2月4日
この日に半紙に「立春大吉」と書いて、柱に貼っておけば厄除けになると言う。

午前中参議院議員の西田昌司氏のポスターを自民党事務所へ取りに行く。綾部地区内を貼って回ろうと思っていたら、雨が降ってきた。

事務所で、So-NEさんが、お昼ご飯を食べに行こうとお誘いいただいた。まだ11時半ですよ。少し遠いのでということで、車で15分。

口上林十倉志茂町にある「古民家かふぇ 轍(わだち)」というお店に。

SO-NEさんに話によると、お店の御主人は、大阪市役所を早期退職され、綾部の口上林に古民家を購入され移り住まれて開店されたとか。長年の夢をかなえられ第2の人生を奥さんと一緒にお店を開いておられる。

素晴らしい古民家で、黒光りする古民家独特の「柱」や「すす竹」を生かした店内は落ち着きがある。お勧めのオムライスは卵がふわふわ。食後のコーヒーもこだわり。

上林街道の始まりの十倉に落ち着いたお店がある。綾部は素晴らしいところだと思う。

綾部温泉の途中や帰りには立ち寄ってお食事やお茶をお進めします。
目印は、綾部温泉へ向かって走る府道1号線と広域農道(市道高津旭線)旭町交差点から1.7km上林方面へ走ったところ。左に「轍」のモニュメントとお店ンの看板が目につく。2月3月の営業時間は、午前11時から午後5時まで。

早昼を済ませ、帰宅し、ネクタイをして市役所へ。
午後1時半から「国保運営協議会」を傍聴。
というのも、昨年9月議会一般質問で非公開だった4つの審議会が原則公開されることになったため、提案者として状況を見ておきたいと思った。

各審議会・協議会・委員会の原則公開を提案した。委員会は、68あるが、その内休止している審議会等が、13あり、実質審議協議として機能している審議会等は55

その内非公開の審議会が、19あり、非公開の理由として、「個人情報を取り扱う」審議会は15件。例えば、だれそれを表彰しようとか個人のプライバシー保護のためにも非公開は当然だ。

しかし残りの4審議会は、非公開の理由として「審議の経過で、市民に公開した場合、審議会の委員の自由な発言が阻害される恐れがある」という理由。

非公開の理由としては、妥当性を欠く。そこで、その委員会の公開を議会で提案し、今回公開となった。

傍聴に来られていた市民は私を含めて2人だけ。

職員が提案される内容を聞いて、審議の途中で退席させていただいた。

国保運営協議会では、市長の諮問を受け平成25年度の国民健康保険料を据え置くこととする答申を市長にされた。準備基金残高が平成24年度末で、2億6千万円の見込み。そして25年度見込まれる高齢者支援金・交付金・介護納付金の精算金がプラス8千8百万円余り予定され、平成25年度の収支では、おおよそ2千6百50万円を準備基金から繰り入れをすれば、収支均衡となり、国保料のUPは防げるので、据え置くことと答申された。
 国保料に関しては議会でも良く議論になるところ。3年間毎年値上がりをして市民の負担感も重いものがある。とりわけ所得が上がらない、場合によっては年金支給額が下がる一方で、国保料金がアップする今日、それでも滞納をしてはならないと何をおいても公金納付を優先させている市民からすれば、4年ぶりの据え置きはありがたいの一言だ。私は、おおよそ年収の10%を国保料金で納付している。それだけではなく、固定資産税・所得税・市府民税を収入から支払わねばならない。

SO-NEさんが、最近、高齢者鬱病が増えている。厳格な生活をしてきた。夫婦で仲良く暮らしてきた高齢者が突然一人になり、気力が失せて、鬱になる例があると言う。

引きこもりのお年寄りも増えている。元気な高齢者を増やすためのお金を使うべきだとお話を聞いた。確かにその通りだ。「ピンピンコロリ」の社会を構築するためにも、日常は外へ出て、皆と元気に活動するお年寄りを作っていくことが医療費増高にも歯止めがかかると思う。

町のカラオケ喫茶はお年寄りでにぎわっている。歌を歌うことは脳の活性化につながる。また着るものも整え外へ出かけ皆と歌を歌うことで、元気なお年寄りを作ることになる。

そういった方面へ市の税金を使うべきだと。一考すべきだろう。「せいざん」でのカラオケ教室などは、とても良いことだ。カラオケで新しい歌を覚え、皆と元気に歌声を披露する。公共施設で有料カラオケ教室だと批判する議会議員がいるが、実態を知らない教条的な(頭の固い)人たちだと思う。

批判ばかりでは何の解決にもつながらない。お年寄りの元気を作る具体的な提案をするべきだ。

夜は、自民党の役員新年会に参加。同級生や同級生の御主人など30人余りが入党をしてくれたようで、実年世代が入党をしたと喜ぶ。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-02-05 11:42 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18555026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 13年度地方財政対策 愛の鞭 >>